スバルWRX 雪道でのデフロックについて SUBARU 。前後駆動を拘束すると「曲がりにくくなる=直進安定性がよくなる」のは確かですが、逆に車への路面入力も直接影響してきたり轍で走りにくくなったりする弊害も考えられます。雪道でのデフロックについて SUBARU WRX STI VAB型 に乗っております 様々な掲示板やSNSでDCCDをロック(デフロック)に設定すると雪道を走りやすくなると散見しましたが、それはオールマイティに雪道(アイスバーン、轍、上り坂、下り坂等)に使用しても大丈夫ということなのでしょうか それともスタック時や上り坂のみでの使用の方が良いのでしょうか よろしくお願いいたします豪雪地でもスバルの四駆は圧倒的に強い。しかし。 は車高が低いので。圧雪路では雪の上に乗ってスタックして
しまうリスクが高いことも覚えておきましょう。走破性の高さでガンガン
突き進めるだけに。調子に乗って雪の深みにハマることにはご注意ください

ジムニー。雪道を安全に走るのはもちろん。走りを楽しみたい人にとって。本格的な
システムを持つ「ホンモノの四駆」スバルといえばの種類が多いことで知
られるが。 の仕様は前。後の不等比トルク配分インプレッサ/WRXDCCDドライバーズコントロールセンター。スバル インプレッサ に搭載されるの役割や使い方から機構や各
世代の違い。故障トラブルなどについてまとめました。 また今回の記事を読んで
興味を持った方はチャレンジできるように後付け方法も記載してスバルWRX。これについては。新 プロトタイプ外観は旧型で新型の技術が搭載され
たものに雪上コースで試乗したドリキン土屋圭市さんが。その走りの進化を
余すところなく示してくれているので。下記の動画をぜひ確認して

スバル?WRX?は?雪道でもこんなにスゴい。「レヴォーグ」の上級モデルや「 」などに搭載される不等&可変
トルク配分電子制御- 看板モデルの「 」に積まれる
ドライバーズ?コントロール?センターデフ方式

前後駆動を拘束すると「曲がりにくくなる=直進安定性がよくなる」のは確かですが、逆に車への路面入力も直接影響してきたり轍で走りにくくなったりする弊害も考えられます。完走舗装路でも速度域が上がるほどデフロック状態はシリアスな状況になりえます。→なので三菱のACDは旋回中はセンターデフフリー気味拘束解除にし旋回性を補助します。加速と直進ブレーキ時は拘束力が上がります。また、スバルのDCCDは拘束クラッチプレートが強くないのでGC8時代から変わらない、常時ロックしたままだといろいろ弊害が出てくると聞いたことがありますオートモードがあるのはむしろクラッチを守るためという説も元ダートトライアルのドライバーです。多分質問者が車の性能に腕があって無い方みたいに思えます。ロック側で雪道、凍結路、ダートでロック方向がいいのは、かなり走れるやドリフト派の方ですよ。素人さんは滑った時にアクセルを踏めない???ロック派は、普通の速度でも滑ったらアクセルを踏む方向で安定させる????この差が4WDの走らせるコツなんですが???これに左足ブレーキングやクラッチ切り、クラッチ蹴り、サイド、シフトロックなど使います。ツルツルのアイスバーンでは半クラッチコーナリングなんて技もあります。この辺が出来る方ならロック方向が便利なんですよ。一体感がありアクセルで車体をコントロールしたい???参考動画アイスバーン状態の氷上のコントロールもわかります。八千穂レイク氷上走行 新井敏弘選手ドライブSnow Driving Lecture by Toshi Arai on Snow 2011 LITE.m4vスバルAWDオールラインナップ雪上試乗会 — AUTOCAR DIGITALvab乗りです。雪道でロックさせて走らせてみたら分かるが、アンダーです。またトラコン切らないとお尻をフル事は出来ません。真っ直ぐに戻そうとします。私はロックのトラコン切りが走りやすいし面白いです。多分、人があーだこーだ言ってるより、まずやってみたらどうでしょう!折角色々ついてる車なんで試す価値ありですよ!加速時やスリップ時は勝手にロックになります、いじる必要無く走れます使うことはまずない。インプレッサ最強。負けられないロックはできるだけしないで下さい。一般道ではパートタイム4WDになるので、運転しにくいのですよ。オールマイティーに使うならオートでOK。スタック時の「最後の手段」として使って下さい。マニュアルモードなら、3番目か4番目あたりがオススメです。が、面白がって色々試すとデフのクラッチプレートが傷んで故障の原因になります。トラクションがかかり進みやすくはなるよ。ただセンターデフをロックするから前後のタイヤの回転差がなくなり曲がりにくくなる。同理由で雪道やアイスバーンでは問題ないけど駐車場などでは壊れる原因になるからちょこちょこ切り替え

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です