タフデジギアとは ダイワスピニングリールについてハイパー。ハイパーデジギアは材質です。ダイワスピニングリールについて、ハイパーデジギアとタフデジギアの違いは デジギアIIの強化版がハイパーデジギア、デジギアIIの進化系がタフデジギア LTに搭載シルキーな巻感 やはり進化系のタフデジギアが剛性感があるのでしょうか リールマニアが解説ダイワ?シマノそれぞれのギアの特性とは。たことはありますか?釣りしている最中は常にギアのことを想い続けている
リールマニアがダイワ?シマノのギアの特性を徹底解説!コストと手間が
かかるからか搭載機種が少なくなってきていますが。リールマニア的には
ハイパーデジギアの復権を祈るばっかりです。滑らかな巻き心地と耐久性を
両立したシマノ製スピニングリールの根幹を支えているのです。 リールマニアが

タフデジギアとは。デジギアとは? リールにとってギアってどんな存在? 一般的にギアは釣り業界
だけではなく。あらゆる生活用品に使われていダイワスピニングリールについてハイパーデジギアとタフデの画像。

ハイパーデジギアは材質です。タフデジギアは歯面拡大と大径化による強度向上で1サイズ分上約2倍の耐久性と強度を実現したものです。2500-Cと3000-Cと4000以上では耐久性と強度が向上した分ワンサイズ小さくして軽くする事をメーカーは推奨していますが、1000と2500と3000はサイズ据え置きとなっておりギアの大径化と歯面拡大の恩恵がある、コレら同様に同サイズを選んで耐久性向上の恩恵を優先する判断も可能で、2000の様にサイズが完全に横バイなタイプもあり歯面拡大だけ強度と耐久性の向上と軽量化の恩恵を両方受けてる番手もあります。LTコンセプトにおいて、強くなった分ワンサイズ下げて軽さをとるか、サイズを据え置く番手を選んで強さを取るかの選択はユーザー側の判断で可能です。剛性感はボディとベアリングの剛性や加工精度からくるものなので、ギアの強度や耐久性を謳い文句とするハイパーデジギアやタフデジギアやタフドライブギアには一切関係ない話です。ギア歯面の面積が増えたのがタフデジです。これにより、1.5~2倍の強度アップを果たした為、そのぶんボディが小さいもので済むようになった。と言うのがLTコンセプトです。旧規格と同じ番手なら同等の強度が出ていると考えていいようです。同等にしているからボディが小さくなる。しかし、強度アップを考えるなら、同じくらいの重量のリールで比べないと強度アップにはなっていないと言えます。あくまでメーカーの言い分なので参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です