ビザンティオン コンスタンティノープルビザンティウムイス。すべて同じ都市ですが、時代によって呼び方が違いました。コンスタンティノープル、ビザンティウム、イスタンブール それぞれの歴史の説明が出来る方、教えてください イスタンブール。今回は。トルコのイスタンブールに今も残る。かつてビザンツ帝国を1000年
も守り続けた「テオドシウスの城壁」を散歩したときのことを紹介します。
ビザンティウムからコンスタンティノープル。そしてイスタンブールビザンティウムとは。国語辞典では「ビザンティウム」の意味や使い方。用例。類似表現などを
解説しています。前世紀。メカラ人の植民都市として建設。年。
コンスタンティヌス世がここに遷都したので。コンスタンティノポリスともよ
ばれた。半島現在のトルコ領イスタンブールの旧市街地区の先端部分に
あった。古代ギリシア人の建設による都市である。 コンスタンティノープル
包囲戦の一覧

ビザンティオン。現在のイスタンブルはトルコ最大の都市であるとともにヨーロッパとアジアを
つなぐ位置にあり。古代~現代までの歴史がということでこの都市は。ビザン
ティオンビザンティウム→コンスタンティノープル→イスタンブルと歴史上
三コンスタンティノープル。絶対に行くべきイスタンブールの観光スポット。ローマ。ビザンティン。オスマンのつの古代帝国がここを首都とし。かつては
コンスタンティノープル。ビザンティウムと呼ばれていました。イスタンブール
にはそれぞれの文化が残した古代の遺物や建造物が今も残っています。旧市街のビザンティウムとは。トルコ語で正しくはイスタンブルとよばれる。コンスタンティノポリスの英語
名コンスタンティノープルも旧称として広く使われている。… ※
「ビザンティウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

世界史。地中海と黒海を結ぶボスポラス海峡に面した。トルコ経済の中心都市イスタンブ
ル。 海に向かって突き出て都のコンスタンティノープルは。古くは『
ビザンティウム』と呼ばれていたので。そこから『ビザンツ帝国』と呼ばれて
いるの。」

すべて同じ都市ですが、時代によって呼び方が違いました。古い順に解説します。1、ビザンティウム古代ギリシャ人が建設した都市です。伝説上では、紀元前667年頃にギリシャのメガラという都市から来た植民者が建設したとされています。その後アケメネス朝ペルシア、アテナイの属国を経て、紀元前357年に自治都市となりました。そして324年、ローマ皇帝コンスタンティヌス一世により攻略されます。2、コンスタンティノープル東ローマ帝国の首都です。330年にローマ皇帝コンスタンティヌス一世が、交通の要所であったビザンティウムに目をつけ、東ローマ帝国の行政首都として建設しました。コンスタンティノープルは「コンスタンティヌスの都市」という意味であり、長らく東ローマの事実上の首都として1453年まで機能しました。3、イスタンブールオスマン帝国の首都であり、トルコ共和国の首都です。1453年にオスマン帝国がコンスタンティノープルを攻略すると、東ローマ帝国が滅亡。コンスタンティノープルは今度はオスマン帝国の首都になります。しかし、オスマン帝国時代もコンスタンティノープルの名は残り、オスマン語で「コンスタンティニイェ」と呼ばれていました。イスタンブールという名前が正式に使われるようになったのは1930年のトルコ共和国からですが、現代の私たちはオスマン帝国時代の首都もイスタンブールと呼んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です