フォルダ内全ファイル一括シート保護?解除マクロ フォルダ。「VBScript」による回答ですので、「Windows限定」です。フォルダ内(サブフォルダ含む)のエクセルにシート保護のパスワードが付いています
ファイル数は数千もあり、一個一個手動で解除して保存かけておりますが、とても大変です マクロ等で一気に解除して保存する方法はありますか
また解除後に特定(例:A1)のセルにある数式も削除できれば尚いいです
パスワード解除→A1内の数値を削除→保存
のような流れになれば大変助かります
どうぞ、宜しくお願い致します バッグ。の「データ分析」を使い「相関係数」を出してみよう後編
④出力オプション出力先。新規ワークシート。新規ブックを選択
できます。-~, ほぼ関係ない -~-[]サブフォルダ含むファイル
一覧を再帰的に取得する簡単![]フォルダ内にある全てのブックのシート
名を取得する

Excelでフォルダ内のすべてのブックを一度に保護するには。では。ブックを保護して他のユーザーが編集できないようにすることができ
ますが。一度に複数のブックを保護するために画像を作成したことはありますか
? ここでは。のブック内のフォルダー内のすべてのブックと複数のシートフォルダ内全ファイル一括シート保護?解除マクロ。フォルダ内全ファイル一括シート保護?解除できる! 全ファイル一括シート保護
?解除マクロツールをご紹介します。 エクセルファイルをダウンロードしてすぐ
に使えます。 シート保護は枚ずつ設定?解除しなければいけませんがこのバッグ。の「データ分析」を使い「相関係数」を出してみよう前編に続き。 今回は
実際④出力オプション出力先。新規ワークシート。新規ブックを選択できます
。-~, ほぼ関係ない -~-[]サブフォルダ含むファイル一覧を
再帰的に取得する[]フォルダ内にある全てのブックのシート名を取得する

「VBScript」による回答ですので、「Windows限定」です。このプログラムは、これから処理したいエクセルブック群が存在するフォルダの直上のフォルダにプログラムファイルを放り込んで、ダブルクリック「シングルクリック」→「Enter」の方がより確実するだけです。最後に、「Finished!」と表示しますので、「OK」を押して、終了してください。プログラムファイルの存在するフォルダは、処理対象外です。プログラムファイルが存在するフォルダから下のフォルダすべてを調べ、拡張子が「xls」、「xlsx」、「xlsm」のすべてのファイルのすべてのシートのプロテクトを外します。ただし、プロテクトは、すべて共通1つ、という前提条件です。以下のプログラムを、メモ帳かテキストエディタに貼り付け、「~.vbs」という名前で保存します。「~」の部分は、何でもかまいませんが、「.vbs」の部分は、必ず、半角です。できたプログラムファイル「~.vbs」ファイルを、これから処理したいエクセルブック郡が存在するフォルダの直上のフォルダに放り込んで、ダブルクリックするだけです。プロテクトがかかっていないシートも処理しますが、エラーはでず、そのまま処理を続けます。★★★まず、たくさん数千のファイルを処理すると、かなり時間がかかります。そこで、適当にフォルダを作成し、数個のファイルをそのフォルダにコピーして、実際に、質問者の思ったような動作をするか確認してみてください。思ったような動作をすれば、実際の3行目の「p = xyz」が、パスワードですので、質問者の環境に合わせてから、実行してください。★★★Option ExplicitPublic bk, e, ex, f, gf, m, n, p, s, sop = xyzSet so = CreateObjectScripting.FileSystemObjectSet gf = so.GetFolderso.GetParentFolderNameWScript.ScriptFullNameSet ex = CreateObjectExcel.Applicationex.Application.DisplayAlerts = Falseex.Visible = FalseCall zex.QuitSet ex = NothingSet gf = NothingSet so = NothingMsgBoxFinished!Sub zFor Each m In gf.SubFoldersFor Each f In m.Filese = LCaseso.GetExtensionNamef.NameIf e = xls or e = xlsx or e = xlsm ThenSet bk = ex.Workbooks.Openm/f.NameFor Each s In bk.Worksheetss.Unprotect ps.RangeA1.Value = s.RangeA1.ValueNextbk.Savebk.CloseSet bk = NothingEnd IfNextSet gf = NothingSet gf = so.GetFoldermCall zNextEnd Sub説明が必要でしたら、言ってください。パスワード解除用のブックを作り、ファイル名とパスワードが入力されているとすればマクロで処理はできます。それかパスワードが全て共通ならまとめて処理はできますね。ただ、サブフォルダを含んだ処理はしない方がいいです。予期せず必要のないファイルまで処理してしまう可能性が高いですし、フォルダ全体を回ると処理に時間がかかります。マクロ実行時にフォルダを選択して、選択フォルダ内のファイルに処理をかける形にするのが無難かと思います。以下、フォルダ選択での処理の一例です。マクロブックのA列にファイル名拡張子まで含んでくださいB列に隣のA列のセルのファイルを開くパスワードが入力されている前提です。A列にファイル名が入力されていなければ何も処理はせず次のファイルに移ります。ブックを開く際のパスワードは書き込みパスワードで記載しています。Sub testDim Lrow As LongDim Fpath As String, Fname As StringDim r As RangeDim WB As WorkbookApplication.ScreenUpdating = FalseWith Application.FileDialogmsoFileDialogFolderPicker .Show Fpath = .SelectedItems1End WithFname = DirFpath/*.xls Lrow = RangeARows.Count.EndxlUp.Row Do Until Fname =Set r = RangeA1:ALrow.FindFname If Not r Is Nothing Then Workbooks.Open Filename:=Fpath/Fname, WriteResPassword:=r.Offset, 1.Text Set WB = ActiveWorkbook WB.ActiveSheet.RangeA1.ClearContents WB.Close savechanges:=True Set WB = Nothing End If Fname = Dir LoopApplication.ScreenUpdating = TrueMsgBox Fpath内のファイルの処理が完了しました。, vbOKOnlyEnd Sub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です