ユダヤ人はなぜ ナチスはなぜ日本人は差別しなかったんです。自分達の生活圏にいないから逆に日本にすりゃユダヤ人は自分達の生活圏にいないから関係ないヒトラーの「わが闘争」を読んだことはないですか。ナチスはなぜ日本人は差別しなかったんですか ナチスドイツにいた黒人たち。ナチス時代の~年。ドイツには何千人ものアフリカ系ドイツ人がいたが
。その苦難はこれまでほとんど語られてこなかった。ナチス時代の被害者:。ホロコーストは。西洋文明。国家。近代官僚社会。そして人間性を理解するため
の重要な出来事です。 これは数百万人の罪のない市民に対する計画的な大量殺戮
でした。 ユダヤ人を根絶すべき「寄生害獣日本はなぜユダヤ人を迫害しなかったのか。ハルビン?神戸?上海を舞台に。当時の日本の関わりを克明に描いた労作。 件
のレビューユダヤ人はなぜ。。アウシュヴィッツにナチス?ドイツが設けた強制収容所
において。初めてガス室実験が行なわれたとされる。なぜユダヤ人はナチスの
標的となったのか。そして。日本とユダヤ人との関わりとは?

日本はなぜユダヤ人を迫害しなかったのか―ナチス時代のハルビン。内容「」データベースより やがて大量虐殺へと進むヒトラーの迫害を
逃れて極東にやってきたユダヤ人に。日本はどう対処したのか?ユダヤ世界中で頻発する?東アジア人差別?を?なぜ日本人は問題にしない。日本では。米国での黒人差別問題が盛んに取り上げられる。その一方で。米国や
欧州で起きている東アジア人差別はほとんど問題にされない。イギリス在住で
著述家の谷本真由美氏は「アメリカや欧州では。日本人や中国人「戦時中の日本はなぜユダヤ人を虐殺しなかったのか」イスラエル。第二次世界大戦中。ナチス?ドイツは同盟国の日本に対し。領土内のユダヤ人を
皆殺しするよう要請したが。日本はそれを拒否したという。その理由とは
いったい何だったのか。ユダヤ系米国人作家とイスラエルの学者が。

再び戦争が起きたら私たちは強制収容されますか。そんなことをアメリカという国が許したの?と。 そして。ライトハウスで毎年夏
に日系人史についての特集をして。少しずつ歴史を知るにつれ。「なぜ日系

自分達の生活圏にいないから逆に日本にすりゃユダヤ人は自分達の生活圏にいないから関係ないヒトラーの「わが闘争」を読んだことはないですか?物まねだけ得意な連中、アーリア人種がいなければゴミも同然、黄色人種だからユダヤ人に目を付けられなくて運よく生き延びているだけ、というひどい評価なのですが。おかげで総統の御著書でめちゃくちゃに罵っている劣等人種の日本と防共協定を結んだ時は、ドイツ国民へのエクスキューズに苦労したくらいです。ナチ政権誕生の時は日本人がドイツ人に暴行を受ける事件や、日系ドイツ人が公職を解雇される事件も起きています。しかも日本の対独輸出が気に食わなかったのか、ボイコットを煽るような報道すらさせていたのです。少なくとも現地社会ではナチ政権は決して好意的に見られていませんでした。ことにドイツは以前から中国との関係が深かったから、日中戦争にのめりこんでいく日本を敵国だか同盟国だか分からない扱いをしていた時期もありました。本当なら猿同然の連中と何が悲しくて結ばねばならないのかという、人種差別にまみれたナチ政権の本音はよく出ていると思います。日本人だけでなく中国人も差別していないとおっしゃる方がおられるけれども、とんでもない間違いです。第一次大戦前から黄禍論が吹聴されいていたドイツの田舎者にありがちな無知?偏見とも言えますが、同じ人間とも思われていないくらいの偏見を持たれています。日本人でナチに親近感を表明する人を見るたびに、何だか物悲しくも可笑しな気分になりますね。ナチスは日本人のみならず、中国人も差別していません。中国が良ければ、ドイツは中国と同盟しても良かったぐらいです。中国は近代化にドイツの指導を受けたていたそうです差別したのは、ユダヤ人とロマ人とスラブ人と障害者などです。おそらく、ドイツやドイツ周辺に日本人や中国人が殆どいなかったので、わざわざ「差別する」とする必要がなかったのでしょう。当時は、トルコ人を差別していなかったと思いますけど第一次世界大戦で同盟国でした、今はドイツ人はトルコ人を差別しています。ドイツ国内にトルコ人移民が大勢いるようになったからです。そんなわけで、ドイツ人が差別するのは、近くにいる、いなくなれば自分が有利になることが目に見える人です。日本人や中国人は遠くにいて、いてもいなくてもドイツが有利になるということがないから差別排除されなかったのです。ただし、当時ドイツを訪れた日本人や中国人が差別されなかったかというと、近くにいる他人基本的に他民族は劣等民族になるので、人によっては差別されたでしょう。差別していましたよ。彼らにしてみれば、日本人は、黄色い猿です。日独の同盟など、形式的なもの、です。この間、ドイツに行って、レストランに入りましたが、じゃけんに扱われました。「なんでゲルマン民族のオレが、黄色い猿に給仕しなければならないんだ!」って、感じでした。彼らは、基本的にゲルマン民族至上主義、なので、他民族は劣等民族なわけ、ですね。反ナチス包囲網打破に利用できたからです。「名誉黄色人種」といっていました。本心は違います。ファシズム体制を周辺諸国から「民主主義の敵」扱いされ、非常にさみしー、と感じていたら東洋の日本もおんなじ様な境遇になっていて、ならば手を組もうかということになった。同盟だから、はそれ自体は正しい答えだが、もっと根が深い同盟だったと思う。ドイツは陰で日本人を蔑視していたか、については諸説ある。「ゲルマン民族至上主義のドイツが日本人を同等に扱うわけがない。ユダヤ人だけでなく同じ白人のスラブ系も虐殺していた。ましてや日本なんか猿同然」という声に対し、「ヒトラーは日本文化に興味を持っていたし、武士道にもリスペクトしていた」という意見もある。前者はいわば正統的歴史観の意図、後者はオカルト史観や陰謀史観史観に興味ある人に多いと思う。ドイツはゲルマン至上主義です。つまり、ドイツ人が世界で一番偉いのです。ユダヤ人は脅威なので迫害したのです。つまり、日本人は脅威でもなんでもないのです。ですから気にする必要もなかったのです。同盟国だからではないでしょうか。ただ裏ではアジア人や日本人の事を猿と呼んでいたそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です