創価学会とは 創価学会の池田大作さんを久しく見ていません。10年近く姿を見せていないので死亡説が絶えません。創価学会の池田大作さんを、久しく見ていません
私は信者ではありませんが、選挙のたびに、公明党と

学会の繋がりについて、少々興味があり、会社の
学会の人に質問をしているのですが、なんで、 池田さんは顔を出さないの と聞いてしまいます、
つでに生きているの とも聞いてしまいます、

回答は生きているよ、とのことです、今年91歳です
ので、死んでいても不思議ではないと思います

実際のところどうなのでしょうか
もし、死んでいて、隠していたら、学会も

公明党の相当やばいですよね、水平展開した
ご意見も、歓迎です

よろしくお願いします創価学会とは。大聖人の仏法と池田教の違い 「法華 田原総一朗さんが司会をつとめる
テレビ朝日の討論番組「サンデープロジェクト」が。創価学会の池田大作名誉
会長

SGI。いわゆる「第一次宗門事件」によって。 年4月創価学会第三代会長を勇 退
し。名誉会長となった池田は。しばらく会員の前に姿を現すことがなかった が。
翌年になると外遊を行う。秋には広布二十周年の節目にあたるアメリカ合 衆国を創価学会。公称信者数万世帯の巨大宗教。創価学会。年から年まで第三代会長を
務めた池田大作氏は。現在。名誉会長の肩書をもつ。教団の「顔」ともいえる
人物だが。近年は公の場にまったく姿を現さない。創価学会。創価学会系の企業その [企業] それでは。創価学会名誉会長である池田大作氏が
個人筆頭株主となっている企業には。どのようなものがあるのでしょうか?創価
学会の正体がで次々と暴かれています。 共産党も創価学会もない今。不
安定

私が愛した池田大作。一般会員たちさえ知らない人間?池田大作創価学会名誉会長の姿が。初めて語
られる! 「ここの明かすのは盲目的な崇拝でも。批判のための罵詈雑言でもない。
何十年にわたって側に仕え。私が敬愛した池田氏の『生』の人物像である。

10年近く姿を見せていないので死亡説が絶えません。選挙で勝てなくなっている公明党の現状から考えれば健在なら姿を見せてしかるべきですね。池田先生は神になられたからです。肉体は滅びても、神格化された池田先生は永遠に生きき続けるのです。あまり公明党の悪口を言わない方がいいです。沖縄から殺し屋を呼ばれて口封じされます。たくさんの方々が。骨を折られたり、誘拐されたりしています。だけど公明党が裁判所に圧力をかけて揉み消しています。そういう私も、自民党公明党創価学会に雇われた。沖縄の殺し屋沖縄は産業がないので沖縄空手の使い手を傭兵として稼いでいます。に、一方的に。俺達のことばかにしているだろ!!一度痛い目にあわせてやったらいいねんと創価学会青年部部長の朝鮮やくざの男の命令て全治1ヶ月の大怪我をしています。※これを見た創価学会は、事件を揉み消すために必ずや警察に通報しろやとかヤジいいます。それは嘘っぽく思わせ真実をもみ消すためなので証拠を添付しときます。自民党 公明党 は創価学会から殺し屋を雇い、都合の悪い人間を殺しています。あと、沖縄の人間は日本からでていけ!!今まで助けてあげた恩を仇で返しやがって。人間のくず。人を傷つける沖縄人は人間じゃない!!創価学会とともに日本から去れ!!これからは沖縄の人が困っていても二度と助けない。逆に一緒にいじめてやる。絶対許さない沖縄県人!!生きてはおられるでしょう。創価学会のような大きな宗教法人が隠していたとなれば、それこそ信用が無くなりますから。先生は91歳です。高齢です。そうそう、昔のように動けるわけでもないでしょう。姿を見せないのは、老いを見せたくないからでしょう。老いるって醜いものです。出てくるとわかれば報道各社は老いを報道するために手ぐすね引いて待っているでしょう。そんなことにならないように私たちは、先生の登場を願わないのです。つきまといや嫌がらせをしている信者の方は、そちらの方が大事ではないかと思います。あかの他人に嫌がらせをしているよりも、だいじな人の安否を気にする何か行動をとるのが普通ではないでしょうか?犯罪と信仰は全くの別物です。社会を悪くするのはやめてください。死亡説これは創価学会二代会長、戸田氏時代にもありました、死去から一年前に又三年前には既に死去していたと創価アンチやその他の人達の根拠の無い発言、昭和に駒川台病院で逝去されています、病院関係者なら誰もが知っているでしょう、又、入院患者さんや病院の出入り業者も耳に入ってることでしょう、その当日はテレビ、ラジオを始め各新聞社のトップニュースとしてありました、よくも、こんな創価アンチの人達は、あり得ないデマを言うのだろうか、しかも、死去から17日前に、には、全国から6000人の青年が集い「広布の式典」があり、衰弱された体を押しのけ戸田はは参加しております、その模様はYouTubeにも紹介されており、戸田氏の映像記録に残っております、この16ミリフイルムや8ミリフイルム、後のビデオなど信仰歴40年以上の会員さんは持っておられる人は多いと思います、池田氏の一年前、三年前の死亡説も又、同じパターンでアンチ創価によるものと考えられます、この人達は、日本社会の仕組みを知らのか?と疑問に思います、病院で死亡の場合は、「死亡診断書」が発行され、病院以外での死亡は警察、監察医の「死体検案書」が発行され、このいずれかの証明が無ければ、火葬場による火葬は出来ません、密葬で行っなった後、火葬する必要があるからです、又、死体を放置した場合でもいずれ火葬が必要になります、その時に警察、監察医などの検死があり、調べれば、推定死亡の時期が分かります、推定死亡一年前などです、こうなれば死体遺棄事件として即座に逮捕でしょうねそんなバカげたことする必要もありません、死は一定であり必ず迎えるものです、死は悪でも無く当たり前のことです、だから隠す必要も無い池田氏も92歳であり高齢者です、一般的には40代頃から肉体の衰えが始まり老眼鏡が必要になり、50代60代には耳も遠くなり足腰が弱まり動きが鈍くなります、それが70、80、90代ともなれば想像つくでしょう、池田氏は40数年前に会長職から引退されており、名誉会長として80代半ばまで表舞台で活躍されました、その後は新聞を通してメッセージを送られており、精神面では現役会長時代と全く同じであり、最後の最後まで気が休まることなく、激励を送り続けております、社会では60歳定年であり、その後は第二の人生で余暇を楽しむと言った具合でしょう、それらを考えると池田先生、ゆっくりして下さい…が創価学会員の本音かも知れません、池田氏が表舞台にでられないのは、もう一つの理由があると思います、今までは何でも池田先生に相談し、アドバイスを頂いており池田先生に甘え頼りきりでした、これらは自分達で考え広宣流布を目指しなさい、それを池田氏が見守りながら、確認されておられると思います、池田氏亡き後を考えての選択だと私は思います、創価学会員です。池田先生は、聖教新聞にも四季の励ましという詩を掲載してくださっております。時折、池田先生が撮られた写真も掲載頂いております。91歳のご高齢であられますが、世界中の会員に激励を送られております。7月3日は、創価学会にとって大切な日でありましたので、池田先生は奥様と記念勤行をされました。貴方様が気になるならば、聖教新聞をお読みになると良いかもしれません。信者の中にすら疑念を抱く者が増え、その人達は教団が箝口令???いや忖度でご健在だと黙らされています。だから匿名、もしくは脱会する覚悟がないとそれを口にもできません。本部側も姿を見せない理由を、多忙すぎにより暇がないという超人像に仕立て上げちゃったものだから、今更負担をかけられない程老いたからとか、不自由な状態だからと言えなくなっているのです。もし隠蔽とばれたら、外聞は無視しても組織の崩壊や離散、あるいは教えの継承と称しての派閥争いだけで済まないのは素人にも容易に想像できますから。法的には隠蔽疑惑が問われる程度で、主導の意思と行動が明確な存在、それを証明できずに不起訴か嫌疑不十分で、警察と検察は収めたがるかもしれないなと思います。>もし、死んでいて、隠していたら、学会も公明党の相当やばいですよね当にその通りです。偽装し、隠すのなら法律違反でも有ります。嘘がバレたら、創価学会も崩壊に向かいます。日本のみならず、世界各国にも大きく影響するのです。それと、以前に最高裁判所から「公人」と認定されたのです。公人は嘘は通りません。政治家「公人」で二重国籍でさえ、問題に成るのです。それが死亡と成れば、役所のみならず、大きくの機関に影響を及ぼすのです。こんなにも巨大で勢力が大きい宗教団体が偽装してまで、崩壊する程のリスクを伴う、危険性など侵しませんよ!ご高齢に成られましたし、名誉会長に就任し、第一戦からは退かれました。一切を原田会長に託し、任せられたのです。会長としては初めての池田門下生です。代々の会長は戸田門下生でしたから。自民党に創価学会の組織票にアクセス出来る「選挙協力」に関する事を追求されない為に身を引いたのではないですか?創価大車に乗ってきたらしい何故出ないか不思議だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です