取引先?顧客への対応 取引先の対応について 取引先からの。取引先とは日本ですよね。取引先の対応について

取引先からの連絡について

私は、今中国の現地企業に勤めており、主に日本の取引先の窓口対応をしています 最近、取引している会社とトラブルがあり頻繁に連絡があります

こちらとしては、最大限に対応し、〇日時間を下さいと伝えていますが、
取引先の担当者は、私の勤務時間外にやたらと携帯に電話してきます

時差は日本より-1時間で、それほど影響はないと思いますが、
それでも、中国時間の朝7時ごろから電話が鳴ったり、退勤後余暇を楽しんでいる最中に電話が来ます (私は8時起きが習慣です)

私の勤め先は、自宅から約20分位で、9時‐17時勤務です

この時間以外に電話をしないでもらう旨のメールを、相手の上司と本人に伝えました

また、私が打合せ等で電話に出なかった場合は、オフィスに電話かメールを下さいと伝えました (オフィスには、日常会話程度の日本語が話せるスタッフと、英語がネイティブのスタッフが常駐)

すると、メールを送った当日の昼休みの昼寝中、次の日の朝7時台まだ寝ている時に、
立て続けに電話が鳴り続けました (両方とも寝ていて出てませんが、起きてしまいました)

取引先の方はいったいどういうつもりなのでしょうか
40代男性の方です 取引先が民事再生手続を行った場合の初動対応について。取引の相手先が裁判所に民事再生手続を申請したとの情報が入ってきました。
これに対する初動として。どのように対応したらよいでしょうか。 再生債務者
からの連絡文書や信用情報会社の

新型コロナウイルス感染拡大の対応について。テレコミュニケーションの活用弊社内。取引先。関係先への感染拡大を防止する
ためにも。不要不急の外出?出張?面会による打合せを自粛致します。弊社担当
者との連絡につきましては。携帯電話。メール。などのテレビ電話機能を
ご新型コロナウイルス感染症に関する当社対応について2021年1月8。お客さま?お取引先各位 はじめに。新型コロナウイルス感染症-に罹患
された皆さま。および関係者の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。※
年月日の政府による緊急事態宣言に伴う対応について。以下のお知らせをご覧
ください。たことから。原則での在宅勤務指示からサービスの継続提供上
やむを得ない場合を除き出社禁止とする対応の強化をいたしました。

自社内でコロナ陽性者が出たらどうしたらいい。体調不良について通院や治療をする判断はあくまで社員の意思であり。会社が
強制できるものではありません。よって社員本人から医療施設に連絡をとり。
医師の判断を仰いでビジネスメールの返事のマナー。この記事では。ビジネスメールにおける返信について。基本的なマナーから注意
点までを解説します。取引先や顧客とメールでやり取りをする中で。「返事」
はどこまですればよいのかわからなくなることがあります。ただし。社内の
気心知れた仲間内での連絡や。フランクな顧客対応を行う企業が顧客向けに送る
メールには。顔文字や記号を用いること日程調整で取引先からの候補日に回答
する

職場で新型コロナウイルスの感染が。お客様?従業員?事業を守るための初動対応を中心に~ [目次]従業員から
発熱があると連絡を受けた場合。または社内で発熱者が出た場合
を確保して。新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について。
通知を受けることができる ○利用者私は聞いていない」「取引先から指摘
されて初めて知った」ということがないように。全員に情報を伝える手段を整え
ておく。緊急事態宣言発令に伴う当社の対応。投資家。官公庁。取引先をはじめとする皆様には。ご不便をおかけしますが。ご
理解とご協力をお願い申し上げます。 □実施期間。年②担当者の連絡先
がご不明な場合は。以下のお問合せ窓口からご連絡ください。

建設産業?不動産業:新型コロナウイルス感染症対策について。〇関連事務連絡 3月31日付通知新型コロナウイルス感染症に係る対応
について依頼4月9日付事務連絡新型コロナウイルス感染症に係る
対応について4月9日付事務連絡添付資料取引先の賃料を免除した場合の
損失の休日休暇時の会社/個人携帯での対応について。お世話になっております。 休日休暇時に取引先現場から連絡があった場合の
対応が労働時間に算入されるか否か確認頂ければと思います。条件は下記の通り
です。 ?会社からは休日休暇時には問い合わせ対応は必要取引先?顧客への対応。会社を倒産させる決意をして。自己破産の手続を行う場合。事業閉鎖と同時に。
取引先には一斉に弁護士から通知をします。 弁護士からのがあります。対応
についてはケースバイケースですので。弁護士とよく相談をする必要があります

取引先とは日本ですよね。ある意味、それが普通かと思いますが、それよりあなたとあなたの現地企業に問題は有りませんか?何故翌朝に電話が有るのでしょう?前日までにやらなけらばならない事をやっていないからでは?或いは不良品を納めたとか、毎回のその電話から学習すべきと思いますが。如何でしょうか?そもそも、そんな電話が毎回のようには有る事が不自然だと思います。私も大手企業の購買部門を見てましたが、問題があるから緊急電話になるし、緊急でも無いのなら無視でも良いと思います。そんな取引先は相手にしないほうが良い自社のデメリットにしかなりませんいつまでも景気の良い バブル期とは違い 今はそんなアホまで対応している時代ではありませんグローバルな時代、次から次へと良い客が来ます そちらに対応するのが現在では当たり前の仕事の仕方です今、昔ながらの要領の悪さが抜けない日本は 貧乏になり、昔とは逆に日本人が安い労働力として アジアに買いたたかれている時代です 日本の考えは淘汰されてきています ほっときましょう日本では「トラブル」は瞬時に対応、解決が求められます。相手先の「就業時間」は関係ありません。その対応が「日本人の信用」「会社の信用」になってます。今後も日本の会社との取引の継続を望むなら、瞬時の対応、解決を心掛けましょうその対応が「貴社の信用」「貴方の信用」に繋がります。>>最近、取引している会社とトラブルがあり頻繁に連絡があります>>取引先の方はいったいどういうつもりなのでしょうか?今目の前にあるトラブルを早急に解決したいのでしょう。ただそれだけで他意は無いと思います。トラブル発生=異常事態利害関係のない第三者から見ると、異常事態が発生しているのに、通常通りの対応を求める質問主さんのほうがおかしいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です