大学院設置基準 大学院で指導教授が担当する講義の履修は強。制度上は問題ないと思いますが、あなたの専門を大学院で履修していない事になるので、論文審査で厳しい質問があった時、短絡的な考えに至る可能性もありますね。大学院で指導教授が担当する講義の履修は強制ですか 単位が足りてたとしてもですか 修士課程について。放送大学教養学部全科履修生ですが大学院修士課程に入学できますか。 .他の
大学院研究指導の担当教員を選ぶことはできますか。 .修士全科生
として入学した学生が。本学大学院において既に修得した単位があるときは。
修了の要件となる単位研究指導及び面接授業を除くとして認定することが
できます。大学院設置基準。一 修士課程を担当する教員にあつては。次の一に該当し。かつ。その担当する
専門分野に関し高度の教育研究上の指導能力があると認められる者及び単位の
授与。他の大学院における授業科目の履修等。入学前の既修得単位等の認定。
長期にわたる教育課程の履修講義室等 第十九条 大学院には。当該大学院の
教育研究に必要な専用の講義室。研究室。実験?実習室。演習室等を備えるもの
とする。

大学院で指導教授が担当する講義の履修は強制ですか。いずれかを含む。大学院で指導教授が担当する講義の履修は強制ですか 単位が

制度上は問題ないと思いますが、あなたの専門を大学院で履修していない事になるので、論文審査で厳しい質問があった時、短絡的な考えに至る可能性もありますね。私は履修せず、修了できました。私は学部の専門と修士課程の専門が違いました。他の講義も難しく、シラバスを見ると指導教官の講義も理系的要素が強く、文系学部出身の私では講義が理解できそうにもないので、M2で指導教官に講義を取るべきかを尋ねました。「単位が揃っているなら、履修しなくてもかまわない」というのが指導教官からの返答でした。私の修士論文は、指導教官の研究テーマとは違っていましたし、指導教官の言葉もあったので、履修しませんでした。修士論文にも、先行研究として指導教官の研究は引用していません。他の研究室の院生は「指導教官の研究を引用するように」と言われた人もいましたが、私はそのような指示もありませんでした。もちろん、指導教官が決まった時点で、指導教官には修士課程と学部の専門が違うことは話しています。論文の審査とは全く関係ないと思います。強制とまではいかなくとも当然な感じがします。強制ではないですが、履修だけはしておいた方が良いです。そんなことはないです。履修するのは、大抵、自己PR的なものが大きいです。自分の学習能力をきちんと評価してもらうために履修します。A評価以上はマストです。履修しなくてもよいのですが、そうなるとこの分野は苦手なのかな?とあらぬ疑いを持たれるかもしれませんよ。学則上強制ではありませんが、論文の主査になりますので履修するのが常識です。履修していないと、指導を受けていないからと不利益を被る可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です