日本国憲法 憲法についての質問です 憲法50条には。国会衆議院と参議院は自主独立の立場から、自律的に院内の警察権を行使します。憲法についての質問です

憲法50条には、

「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈 放しなければならない」

という記述があるのですが、

1 ここで言う「院外」とはどこのことですか

2 「院外」と「院内」を区別する理由はなんですか

よろしくお願いします アメリカ合衆国憲法。大統領が承認しないときは。 法律案の場合について定める規則と制限に従い。
上院および下院の 分の の多数をもって。再び可決さ れなければならない。 第
条[連邦議会の立法権限] [第 項]連邦議会は。つぎの権限を有する。
合衆国の

第198回国会における岡田直樹参議院幹事長代行代表質問。自由民主党?国民の声を代表して。安倍内閣総理大臣の施政方針演説について
質問いたします。また二月末にも二度目の米朝首脳会談がある見通しですが。
朝鮮半島の非核化は具体的に進むのか。北朝鮮の憲法についても一言お尋ねし
ます。年月に改められた「朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法」の前文
は。先代の金現行憲法にも唯一の緊急事態条項として。五十四条に参議院の
緊急集会の定めはありますが。最も厳しい想定をすれば。参議院の半数日本国憲法の逐条解説。50条 51条 52条 53条 54条 55条 56条 57条 58条 59条
60条 61条 62条 63条 64条 65条よって。たとえば消防職員の
争議権を制限することはできても団結権までうばうことについては疑問です。
警察による職務質問に伴う所持品検査もこの条の規制を
受けますから。令状がない限りあくまでも任意処分として許されるだけです。
電話盗聴。

行政書士日本国憲法の話。それでは。今回からまた憲法を読んでいきましょう。 今回は。国会議員の特権の
一つ。不逮捕特権について定めた50条です。 50条 両議院の議員は。
法律の定める場合を除いては。国会の会期中逮捕されず。会期前に逮捕された
議員第50条。憲法の条文を一つ一つ紹介しながら簡単に解説しています。第条 議員の不
逮捕特権1の場合は。犯罪の事実が明白で。不当逮捕の恐れが少ないため
。 2の場合は。 議院の許諾がある以上。不当な逮捕とはいえないためです。日本国憲法。日本国憲法 昭和21年11月3日公布昭和22年5月3日施行 前文 第一章
天皇第一条~第八条 第二章 戦争の放棄第九条生命。自由及び幸福
追求に対する国民の権利については。公共の福祉に反しない限り。立法その他の
国政の上で。最大の尊重を必要とする。第五十条 両議院の議員は。法律の
定める場合を除いては。国会の会期中逮捕されず。会期前に逮捕された議員は。
その議院の

憲法って何。1945年の敗戦から。昭和。平成と時代は移り。来年には新たな元号も制定
されます。そんな中。70年以上もの間。まったく変わっていないものが
あります。それが日本国憲法です。 安倍晋三首相は再び政権の座に…

国会衆議院と参議院は自主独立の立場から、自律的に院内の警察権を行使します。行政府に属する警察は議院の許可なく介入できません。これを議院警察権、または行使するのが議長であることから議長警察権とも言います。『国会法』第33条で言う「院外」は、この議長警察権の範囲外、院内は議長警察権の範囲内の事です。院外?院内を分けるのは、前者は一般の警察権の範囲内なので、通常の現行犯逮捕が認められるのに対して、院内は議長警察権の範囲内で現行犯逮捕も議長の命令が必要だからです。院内での現行犯逮捕は、『衆議院規則』第210条で衛視又は警察官これは警視庁から派遣されてるだけで指揮命令権は完全に議長に属するは院内で現行犯逮捕したあと議長の命令を待つとなっています。また『参議院規則』第218条では拘束したあとで議長の命令を待つとなっています。どちらの規則でも議場内では議長の命令が無ければ現行犯逮捕は出来ません。現行犯以外の院内での逮捕は、議場内外を問わず全て議長の命令を待たなければいけません。議長警察権の正確な範囲ですが、『参議院先例録』453条で「議事堂の囲障内」となっています。囲障というのは周りを囲んだ壁?塀の事なので、分館?別館を含む議事堂敷地内全体と理解されます。『衆議院先例集』※参院は録、衆院は集は、議院のWEBサイトで公表してないので出版はされているちょっと確認できなかったのですが、「議事堂と付属する建物内」とされてるらしいです。となると建物外の敷地について両院の警察権が異なる事になるのですが、この辺りの細部はよく知りません。院内の現行犯逮捕も、衆院では逮捕後に議長の命令を受ける、参院では拘束後に議長の命令を受ける、と微妙に異なっていて、それぞれの院の独自性を出したいのでしょうが実質的にそう変わらないでしょう。「院外」は国会法33条に規定されたいます。第三十三条 : 各議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、会期中その院の許諾がなければ逮捕されない。院内=国会院外=国会外一般国民であれば当然逮捕されるような事例でも、議員が院内でした不当な発言や暴力行為では、現行犯逮捕はされません。院外で同じ事をすれば、議員であっても逮捕されます。これは、国会議員が国会における討論?発言?行動の自由を保障する為のことです。院内は、議会での活動だけでは無く議員としての活動を指しますその為、路上での演説や講演会等の講演も含みます院外は、それ以外の活動、私的な活動になります議員としての活動以外でプライベートとして行った活動になりますね国会で発言したとしても、私的される物は院外になります例えばつい最近の大西健介議員の高須医院長への発言の場合大西健介議員が高須医院長を個人的に侮辱する目的で発言した場合、院外になり名誉毀損で訴えられる逆に大西健介議員が侮辱する目的を持たず発言した場合は、院内の発言になり罪を問われないこの場合は、侮辱を目的とした発言では無いと判断され高須医院長が敗訴したのですけどねそれとは別に「国会の会期中逮捕されず」は、例えば殺人事件などで逮捕された場合でも国会の会期中であれば終わるまで逮捕されない逮捕されていた場合は、議院の要求で会期中保釈しなければならない意味で国会議員は不逮捕特権があるから罪を犯しても逮捕されない意味ではありません50条にはそのような単語は書かれてないですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です