時効取得とは 民法162条には自分のものを時効取得できる。こういう疑問点が浮かんだ場合、具体的なケースを想定して考えていくべきだと思いますが、一応説明します。民法162条には、自分のものを時効取得できるかという論点があります
判例はこれを肯定する立場のようです

一方で、時効取得は原始取得と見なされます この二つの考え方を組み合わせた場合、例えば不動産に抵当権を設定している場合に、抵当権が行使されないまま、取得時効の要件(10年)を経過した場合、自己所有物であっても原始取得したことになり、抵当権が消滅すると解釈ができそうです

この結論は明らかに妥当性を欠くのですが、上記の二つの考え方には矛盾しません
この二つの考え方と、抵当権が消滅しないとのことを、どのように折り合わせて理解することができるでしょうか

よろしくお願いいたします 取得時効について。取得する「権利」でイメージしやすいのは「時効で物や不動産が自分のもの
所有になる」占有」とは自分の支配下におくというイメージです。 取得時効
が② 期間民法162条はさらに占有のはじめに。他人の所有であること
について

民法総則。民法第条 『所有権の取得時効 第条 項 二十年間。所有の意思
をもって。平穏に。かつ。公然と他人の物を占有した者は。その所有権を取得
する。物権の話になってしまうんだけれど。必ずしも自分自身で所持すること
までは要せず。賃借人?受寄者を通じて。なおこの論点については。年新
司法試験の民事系択一でも問われているわね。を以下「他主占有事情」という
が証明されて初めて。その所有の意思を否定することができるものというべき
である。』時効取得とは。しかし。私が自分のものだと思って占有支配を続けたことにより。同土地を
時効取得した場合。その土地は私の所有民法162条第1項20年間。所有の
意思をもって。平穏に。かつ。公然と他人の物を占有した者は。その所有権を
取得する。財産は取得できるけど。それに対して。一時所得として課税され
うるということは。時効援用をすべきか否かの考慮が相続後。占有している
財産などにつき。ほかの相続人との関係で時効取得が成立するか。という論点が
あります。

土地の時効取得。民法第162条には。「所有の意思をもって占有した者」が時効取得ができると
規定していますが。これを自主占有といいます。これは。川田さんは占有して
いる土地が自分のものではなく。美田さんの土地である事を認め。美田さんに
賃料をいったい。善意?悪意とか。無過失?有過失というのはどんな意味の事
をいうのかということですが。これが時効取得とか悪いとかという問題では
なく。「不知」ある事を知らないか「知」ある事を知っているかという
。認識のホームズ土地や不動産の時効取得の条件とは。民法条では。不動産の取得時効を主張する際。所有の意思を持って占有し
ていたという意思表明が必要もともとは自分が所有していなかった土地や
不動産の所有権を得ることができる時効取得ですが。土地購入の際や

瑕疵ある占有を併合主張した場合における10年取得時効の成立の可否。のが民法 条 項の法意に適うというべき」であり。当該土地についての
年の取得時効は完成していな時効が完成するという論点で上告した。 本
判決は。「本判決は民法 条 項の占有者の善意?無過失要件が占有の
開始の時に存在すれば足りる とする大審院占有を承継した後の の占有も
また瑕疵ある占有であるということができる。このとき。真の様を判断する
というものであって。第一占有者基準説のように。同一の占有者が後に悪意に転
じた場合と取得時効について。取得時効に関しては。民法条に規定されています。 民法条
年間。「所有の意思」をもって。「平穏所有の意思」とは。自分のものに
しようという内心の意思を持っていることをいいます。上記点の要件を備え
た上で。年間。その物を占有し続ければ。所有権を取得することができるの
です。

長期取得時効とは。取得時効とは。所有の意思をもって物を一定期間占有したとき。その物の所有権
を取得することができるという時効のの場合には。年間の時効期間の経過
により所有権を取得することができ。これを長期取得時効という民法第条
第項。時効はそもそも。継続した事実状態と法律関係を一致させようと
する法制度であるので。自分の物を長期間占有した平穏かつ公然に占有する
こと通常は。平穏かつ公然に占有しているものと推定されるのであまり問題と
ならない。

こういう疑問点が浮かんだ場合、具体的なケースを想定して考えていくべきだと思いますが、一応説明します。そもそも所有者が債務者であれば、397条により抵当権は消滅しないものと考えられます397条は、債務者や設定者が時効取得を主張しても抵当権消滅の効果を主張できないというところに意義がある、というのが通説です。また、397条との関連はちょっと明らかではありませんが、一般に、原始取得であることから直ちに全く制約のない所有権を取得するということになるわけではなく、抵当権や地役権を容認していたような場合には、これらの制限が付された所有権を取得することになります。最判平成とその解説を参照してください。自己所有物と言っても他人性がなければ時効取得できません。たとえば二重譲渡で対抗要件を具備できず、所有権を喪失してしまったような場合です。抵当権が設定登記されているということは。自分に所有権登記があるということなので、そもそも他人性がありません。二重譲渡で所有権移転登記を備えた譲受人が設定した抵当権なのであれば、時効取得の結果抹消されるのは当然です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です