死後の世界 キリスト教ではなんで死後の救いはないんですか。唯物論には死後が無いです。キリスト教ではなんで死後の救いはないんですか 神の愛とはそういうもの で、信者もそれで幸せになれるんですか キリスト教ではなんで死後の救いはないんですか。いずれかを含む。キリスト教ではなんで死後の救いはないんですか 神の愛とはジャパンナレッジで閲覧できる『イエス?キリスト』。イエス」は「ヤーウェイスラエルの神は救いである」という意味のヘブライ
語の人名イェホーシューア短縮形報じているが『皇帝伝』「
クラウディウス」章。このクレストゥスがキリストをさすか否かは明らか
でない。神の無限の恵みの賜物として神の国を約束された者は。それに対する
感謝の応答として神と隣人への限りない愛を求められる。しかし実際には。
ギリシア文化の伝統を継承したヘレニズム世界に生まれたキリスト教美術は。「
詩篇しへん」

クリスチャンでも自殺する人がいます。聖書には。クリスチャンでない人?自殺したクリスチャン。それぞれの死後の命
はどうなると書かれているでしょうか。被造世界の中でクリスチャンの救いを
奪うものはないのですから。たとえ自殺したとしても。それによって天国
におけるご褒美。つまり。神様から受ける褒賞は。クリスチャンとしていかに
忠実に歩んだかで決まりますキリスト教でいう救いとは。なんですか?神のようになる。しかし,異なった宗派の人々はまったく違う方法で神と人間との親子関係を理解
しています。あなたがたの律法に,『わたしは言う,あなたがたは神々である
』と書いてあるではないか。信条の多様性について,または,神格化に関する
初期のキリスト教の文書について,恐らくほとんど,または何も知りませんで
した。神はどのような御方なのですか。例えば,救いについての深い安らぎ
と圧倒的な喜びを表す聖文の表現は,多くの場合人間が死後,雲の上に座って
ハープを

死後の世界。死後の世界 人は死後。天国か陰府よみへ行く。それらはどんな世界か 陰府
の人々に救いの手を差し伸べるキリスト死ぬまでは生きているのだから」と
言って。死のことは。生きているうちは考えないようにするわけです。それは
父なる神様。またキリスト様のおられるところ。栄光に満ち。幸福。喜び。愛が
十全に支配する王国です。ところが残念なことに世の中では。人は死後
すぐさま天国と地獄にふり分けられる――それがキリスト教の教えだと思われて
いることイエスの復活とカトリック教育。するうえで。 キリスト教信仰の根幹に位置づくイエス?キリストの復活から
どのような示唆を得ることリスト教の教会の成立はイエスの十字架の死と復活
による神の救いへの信仰に基づいてお り。イエスの観点から宗教教育の
在り方を顧みることはほとんど行われていないのではないだろうか。イエスの
存在が何であるかは復活からしか理解できないとして。生前のイエスの真相を理
に裏切ってしまったという慙愧の念と罪の意識はイエスの死後もペトロを苛
んでいたが。

唯物論には死後が無いです。キリスト教では信仰を持って死んだ者は永遠に幸せになります。本題です。キリスト教ではなんで死後の救いはないか?救われる人は死後、神を見て神のもとに行きます。救われない人は死後、神を見て神のもとから逃げます。自分が悪い人間で悪く生き神と共に住めないのを理解するからですね。神の元から逃げれば神の愛である救いは受けられません。考えてください。相手の心が見えてしまう世界では嘘はつけません。嘘つきは天国には居られないのです。真のキリスト教の教えには、死者の救いについて記しているところがあります。しかしそのことを、ローマ帝国の迫害?弾圧下、当時の使徒達の亡き後、権威の継承もなくなり、当時の教会関係者はその儀式を異端として、死者のための救いの儀式を廃止することを公会議で決定してしたのです。それが現代に続いているのです。1コリント15:29節にはパウロがその死者の救いのために当時行われていた救いの儀式を次のように記しています。「そうでないとすれば、死者のためにバプテスマを受ける人々は、なせそれをするのだろうか。もし、死者が全くよみがえらないとすれば、なぜ人々が死者のためにバプテスマを受けるのか」ペテロは、キリストが十字架での死後、キリストが霊界に行き、死者に福音を伝えていることを次のように記しています。「キリストも、あなたがたを神に近づけようとして、自らは義なる方であるのに、不義なる人々のために、ひとたび罪のゆえに死なれた。ただし、肉においては殺されたが、霊においては生かされたのである。こうして、彼は獄に捕らわれている霊どものところに下って行き、宣べ伝えることをされた。」1ペテロ3:18~19「死人にさえ福音が宣べ伝えられたのは、彼らは肉においては人間として裁きを受けるが、霊に置いては神に従って生きるようになるためである。」1ペテロ4:6近代に、主は主の預言者としてジョセフ?スミスを召され、この奥義を明らかにされ、いにしえのキリストの教会で行われていた死者のための救いの儀式、死者のためのバプテスマを行うように次のように啓示されたのです。「いと高き方が住めるように、わたしの名のために一つの家を建てなさい???それは、彼ら、すなわち私の聖徒たちが死者の代りにバプテスマを受けるバプテスマフォントが地上にないからである。すなわちこの儀式はわたしの家に属するものであり、あなたがたがわたしのために家を建てることのできないほど貧しいときを除いて、わたしはこれを受け入れることはありえない。しかし、わたしはあなたがた、すなわちわたしの聖徒であるあなたがたすべてに命じる。わたしのために家を建てなさい???シオンとそのステークとエルサレム、すなわちわたしが避け所として定めたそれらの場所は、あなたがたの死者のためのバプテスマを行うところとなる、と定められているからである。」教義と聖約124:27~36この家とは、神の宮居、つまり神殿です。ここで、主は死者のためのバプテスマを行うように指示されたのです。そして、この死者のための救いの儀式バプテスマ等を行うための神の権能を、主はかつてその権能と鍵を与えていたエリヤ、エライジャ等の預言者達を復活した天使として、近代に初めて建てられた主の家、カートランド神殿に送られ、ジョセフスミスとオリバーカウドリーにその権威と鍵を授け、それはジョセフスミスを通じて、近代のキリスト教会で召された使徒達にも授けられたのです。イザヤはイザヤ書2章1~3節で終わりの日の時代、この神殿「ヤコブの神の家」のもとに多くの人々、国民がその道の教えを請いにくることを預言していました。いま、日本には札幌、東京、福岡にこの宮居があります。現世で福音を聞く機会のなかった人々は、霊界で福音を聞く機会が与えられるのです。ジョセフ?F?スミス大管長は、前記のペテロの言葉を考えているとき、キリストが死後霊界に下って行って主がそこで何を行われたのか、その様子を示現で見ています。キリストは死後、霊の状態で霊界に赴き、初めに現世で主に忠実であった僕たちのところに行かれ、彼らを組織して、霊界の人々に福音を伝えることができるように備えられたことを知らされています。キリストは人々が霊界で地獄からバラダイスへ行けるように、そして栄光の復活の恵みを受けられるように備えられたのです。そのため、福音を聞く機会のなかった異教の民もその恵みを受けることができるようになりました。霊界で福音を聴き、それを受け入れた人々は、主の備えられた贖いの恵み、第一の復活の恵みとその栄光を受けることができると主は近代に示されているのです。私の亡き先祖たちは、私に、この儀式をうけられるように懇願してきました。私は、当時、本当の先祖供養とは何なのかを真剣に探究し、いろいろな宗派を研究探究していたのです。真のキリストの福音、これは、死者をも含む、すべての人々を深く愛しておられる御父の備えられた救いの計画なのです。人の生涯は、現世で終わりなのではなく、死後霊界での生活があり、またその先々の復活の後の永遠の世界があることを福音は告げ、その備えの方法を教えているのです。これは本当に「主の不思議な驚くべきわざ」イザヤ29:14なのです。やるやる詐欺だからです現世で結果が出るなんて言えば、嘘がバレてしますキリスト教の恩恵は、死後どころか、人類滅亡の時までお預けです終末の時、イエス?キリストが再臨してキリスト教徒を天国に上げる明らかな、嘘っぱちです要は死者に対する回向や施餓鬼供養みたいなやつですね。結論→なれない。ユダヤ学、聖書学の研究によるとキリストの「救い主」とはイスラエルの奴隷を救済するよう期待してイエスに当てた語でイエスは神様でもなんでも無いただのユダヤ人。霊能、霊媒は世界中に有るが、不思議と東洋に偏ってて私も先祖の死霊との口寄せを体験した。肉体から離れた個人の霊魂、色も形も無い本人の生命は、老いることがないままウヨウヨ漂い続ける。「何百年も、刀で斬られて痛い思いしたままお前は幽霊でいて幸せか?」とか「それはAなのかBなのかCなのか?どれですか?」なんて霊能者と先祖霊との会話があったりしました。ABCなんて語も理解できるらしい。人間は死後も人間のままで生命体の生命は途絶えず永続するという現場をハッキリ見ました。キリスト教団の「救い」は勧誘のためのペテンだからです!死んだ人は献金を払ってくれないからです。聖書、ヨハネ 5章28 このことに驚いてはなりません。記念の墓の中にいる人が皆,彼イエスの声を聞いて出てくる時が来るのです。神が死者をよみがえらせる力をイエスにお与えになります。体が分解されていても再創造により肉体を与えられます。生前、神を知らなくてもまた学ぶことができます。モルモン教には死後の救い死後にキリスト教を学んで信じるチャンスがあります。あなたが言われる、死後の救いとはどのようなことお思いですか?また、キリスト教には死後の救いがないと言っておられますが、その根拠はなんでしょうか?これがはっきりしないと、なんとも言い難しです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です