求められるのは聞き上手な人 人の話をちゃんと聞く気がある。私はリアルでは口数が少なく、もっぱら聞き手となっています。人の話をちゃんと聞く気がある人が少ないのは、自分自身が話したいことも聞いてほしいこともない人が多い、ってことでしょうかね 「人の話をちゃんと聞けない」と思う人こそが。鴨頭嘉人チャンネルよりマネジメントをする人にとっては必須スキル
と言ってもいい「聞く力」。伝説の店長”と呼ばれ。自身の講演を発信している
チャンネルは登録者数万人現在を誇る“炎の講演家”?
浅い言葉というのは受け取り方のブレが少ないので。コミュニケーション
において非常に使い勝手のいい言葉です。これは。自分も含め多くの人が陥っ
ている。「聞いている途中でわかった気になる現象」ではないかと。自分が人の話を素直に聞けているかを測定する方法。今回は。「素直に人の話を聞く」ことの価値と効能について書いてみたいと思い
ます。素直であることの価値は自分でも十分理解しているつもりでしたが。
まだ甘かったです。本の中で。「社会に出て。実は意外と人の話を素直に
聞ける人が少ないことに気がついた」というようなことを書かれていました。
しかも自分自身でも。自分が素直に聞いたかはわかりにくいものです。

求められるのは「聞き上手」な人。そんな潜在的な欲求は。人間なら誰しもあるものです。そんなとき。自分の話を
最後まで聞いてもらえる。安心して話せる「聞き上手」な人がいたら
どうでしょう。一緒にいてほしい。「共感力」を持っている人の特徴とは。いいのか?について。『損する気づかい 得する気づかい』ダイヤモンド社刊
の著者である八嶋まなぶさんに伺いました。まずは「変にアドバイスせず。
相手の話をまずはじっくり聞く」ということを意識してみましょう。 とはいえ。
「共感力を上げるために。相手を主役にして会話すると言われても。無意識の
うちに「自分が主役」の話をしてしまうものです。だからこそ「人の話を?理解できる人?と?できない人?の差。コミュニケーションは双方向。自分が何を言うかも大切ですが。相手が何を言っ
ているのかを正確に理解することもコミュニケーションが苦手という人は。
実は相手が言っていることをきちんと聞くこと…会話のすれ違いが大きな問題
に発展することはよくあることだ。さらには。話し手自身が論点を意識でき
ていなかったり。整合性の取れない論点と意見が混ざった発言もあっ

話が噛み合わない人の特徴と足りないことを改善する方法。自分はきちんと話題に沿って話をしているつもりでも。相手の反応が全く異なり
。どこでずれてしまったのか困惑する時がありますよね。このタイプに共通
するのは。人の話を聞くのが苦手なこと。気になる単語や表現だけで。相手の
言いたいことを勝手に決めつけてしまうと。会話を中断させて強引に状況を
コントロールするようにこのような性格では上手く付き合いができず。孤立
することもあるかもしれません。もしくは自分自身がなっていることも…誰もが「話を聞いてもらえない」ストレスを抱えている桃山商事。それらは「話をする技術」とも言えるが。それに比べ。「話を聞く」ということ
について書かれた文章は少ない。著書に『生き抜くための恋愛相談』『モテ
とか愛され以外の恋愛のすべて』などがある。そんな相談者さんの姿を見
ながら思ったのは。もしかすると多くの人たちは。自分自身の話を誰かに
思い切りしゃべった経験があまり会社の後輩は。返事はいいが内容をちゃんと
理解していない

「話を聞く」ときにやっていること。一方で。人が「何を考えているのか」「どんな想いを持っているのか」という
ことにはすごく興味があるので。その興味が自分でも整理してみたくなった
ので。誰かの話を聞くときに心がけていることを書き出してみました。し。
気持ちを汲み取り。共感する聴き方」とのことですが。深いレベルで話を聞いて
くれる人って案外少ないですよね。それによって相手を理解しやすくなる
というのもありますが。その人自身が「過去のどういう経験がベースになって話が上手な人と下手な人の違い。こんな記事を書いてはいますが。実は私自身は話が上手なタイプではありません
。しかし起承転結」という言葉があるので誤解するかもしれませんが。
ビジネスコミュニケーションは「結」から始めるのが鉄則です。 結論を言わない
自分が知っていることは相手も分かってると思い。どんどん話を進めていって
しまうのです。この話し方は。情報量が少ない割に話が長くなりやすく。
さらに主語を省略してしまうと。どの人物の話なのか分かりにくくなります。

私はリアルでは口数が少なく、もっぱら聞き手となっています。人それぞれですね。お喋りな人は高確率で相手の話を聞かない人が多いですねあとは、その人に興味ないし話す気もないとか聞き上手な人が好まれるのは上記の様な人達の割合が多いからでしょうね忙しい世の中だからなぁスマホでネットチェックしたり、通話したりLINEとか、ゲームの通知も寝転んで何もない日でもこんな風にちょこちょこ作業を中断させる何かがあってそんな中、人の話をちゃんと聞くということは、聞いただけじゃなく、その後のフォローもしっかりするってことも含まれるからじゃあ全部中断して真剣に話し聞いてみようと腰を据えると相手は、「自分の思いを話せた」っていう満足感で完結し、「あ、もう聞いてもらっただけで十分だから」とか肩透かしをくらったりする。人に話せたことで解決したならいいけど、基本話を聞いてもらうということは、相手の返しもしっかり聞くという姿勢のもと成立することで、それがお互いできる仲じゃないと難しいってなるんじゃない?聞いてもらえない=自分が聞いてないだと思ってる。でも家族とかカップルとかそういう身内の仲では、こっちが真剣に聞いてても雑に扱われることもあるよね。いつでも関係修復できるっていう安心感でそうなるのかな。コミュニケーション能力の問題でしょうね。人の話を聞かなければ、こちらの意見も聞いてもらえない。つまり、相手に自分を理解させるには、相手を理解するよう努める必要があるんですね。>人の話をちゃんと聞く気がある人が少ないのは、自分自身が話したいことも聞いてほしいこともない人が多い、ってことでしょうかね?うんにゃ。きく能力の欠如?o?自分勝手、いわゆる自己中心的な傾向の持ち主が多いということでしょう。また、他人に寄り添うという優しさを持ち合わせてない人と言えると思います。金で働くからでしょうね。お金で働く人は人の話しが聴けないです、済ましたら良いと考えますから。「自分自身が話したいことも聞いてほしいこともない人」特に聞いて欲しくないという意味になると思うのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です