理解できなくても兄弟 弟がいる現在性同一性障害の治療を受。自分自身で覚悟をしてないと世間の偏見で押し潰されますよ。弟がいる現在性同一性障害の治療を受けているのですが、治療費を親に出してもらっているそうですが、ありえないですよね 弟はもう仕事のできない未成年ではなく、とっくに成人してます現在26歳です もう十分働けますよね 治療自体さくねから始めているみたいですが現在貯金も底ついて治療費出せないからと親に出してもらっていると言うのです だったら働けば と言ったら診断書が無いから働けないと言うので、ならば今は診断書が出る迄は我慢して本来の性別で働くしかないでしょう 現在こういった事で治療しているので、診断書が出たら女性として働かせて下さいと言って理解してくれる企業に就職するして働いて自分で治療費出しなさいよ って言ったら、市役所の職員や専門家ではないのに口出しするな 人の事バカにするような態度とっていていいのか とかいうのです 私は決して弟の事バカにしてないし確かに専門家でも市役所の職員でもないですが、姉として心配しているから言っているだけなのに何故この様な事を言われなければならないのかわかりません 私の何がいけなかったのでしょう 弟は私の事を気のおかしい精神異常者だとも思っているみたいです どうして当たり前の事、世間一般の常識を言っているのに何故わからないのだろうって思います 以前も同じ事で揉めて丁度親のいる前だったので、もうこんなやつと同じ屋根の下で暮らしたくない 初期費用分お金貯めたら家出る って言ったら、弟はそれがいいんじゃない こっちもあんたの顔見ないで済むからね? と言うし、親は親で家のローンがまだ三年残って入りから、それまで家にいてくれ 今出られると家計が破綻するし、三年経てば弟もだいぶ考え方変わるだろうからそれまで我慢してくれとも言うのです この件は弟が我慢するのではなく私が我慢しなければいけない事ですか 我慢出来ずにいい加減働け と言う私は最低ですか 皆さんどう思いますか 第15回。私は。現在48歳です。私共のように。すでに加齢の問題があり。情報が得
られず不安ですが。希望を捨てないで待っている患者に。何とぞご配慮現在。
性同一性障害の“治療”を受けております。上記Bの兄弟=C

当事者が明かす“トランスジェンダーの気持ち”――「よく分からない。現在は日本最大のプライドパレードである特定非営利活動法人 東京
レインボープライド共同代表理事。セクシュアル?マイノリティの子供たちを
サポート一方。性同一性障害とトランスジェンダーは同じものだと認識して
いる人は多いが。両者には違いがあるという。障害ではなく。生き方の一つ』
というのが世界的な流れですが。当事者の中でも認識はさまざまなのが現状。
障害だ手術や治療を望んだ結果。退職へと繋がってしまうことも多いという。理解できなくても兄弟。自らの経験を通じて。一人でも多くの子の苦悩に気づき。受け止めてあげたいと
考えている。現在は公立小学校の教員としてクラス担任も持ち。忙しい日々を
送る。妹の麻未さんは家族に性同一性障害であることをカミングアウトし。タイ
での性別適合手術を経て。弟の ”麻斗” に。学校現場僕にその気はないんです
けど。弟麻斗の方から。ちょっかいを出してきて。ホルモン治療を受けるっ
て言っていたけれど。どんなふうに顔付きが変わり。髭が生え。筋肉がつくのだ
ろう。

日本の法律上の性別認定制度におけるトランスジェンダーへの人権。戸籍記載変更手続に関する法律である「性同一性障害者特例法」は。国際人権法
と国際的な医学上のベスト?同様に医療専門家の組織も各国政府に対し。法律
上の性別認定手続から医療要件を削除するよう求めている。特に。性別適合
手術と不可逆的な不妊という現在の要件。ならびに請求人に未成年者の子が
いないとする要件を撤廃すること。日本では病院やクリニックに受診して診断
を元に治療を受けるという医療モデルが広まることによって社会的な認知2500の人格で父親からの虐待を生き延びた女性。オーストラリアの警察は。同国史上最悪の児童虐待事件の一つだと説明している
。解離性同一性障害あるいは多重人格障害と診断された被害
者が本人以外の人格で証言し。有罪判決を勝ち取ったケースジェニさんが虐待
のことや。それを母親や兄弟姉妹に伝えようと思うだけで。家族を殺してやると
脅した。ジェニさんは殴打や性的虐待によるけがの治療も。受けさせてもらえ
なかった。シンフォニーは。「こんにちは。シンフォニーです。

性同一性障害ののお悩みもすぐ聞ける。精神科に通い。診断で解離性同一性障害と言われました。 今も治療中ですが転院
してから通っていません 事情を知っている友人に 昔のあなたの方が良かった。
精神病なんだって 開き直ってる。治療あきらめてるよ。周りからそう見えるよと

自分自身で覚悟をしてないと世間の偏見で押し潰されますよ。弟さんみたいに甘い考えでは、今後、ホルモン投与を続けていくこともままならなくなるでしょう。自分の事なので自分で治療費を稼いで、治療すべきですね。資格が有れば男女関係無く働ける職場も職種も、有ります。本人のやる気しだいですよ。「働かざる者食うべからず」です。私の妹は医療関係者ですが偏見を持っています。身内に偏見を持たれても自分らしく生きたいと思うなら弟さんと話して、納得させて下さいね。因みに私は性別違和症性同一性障害でMTFTS男→女で性別適合手術をしている当事者です。性同一性障害の当事者です。男性として生まれ、今は女性として生きています。一言で言うならば、弟?さんに、「甘えるな!」と言いたいです。私は、小学生の頃から男女と虐められ、男として生きるのが辛かったのは弟さんと同じかも知れません。しかし、歯を食い縛って何度も挫折し、それでも1歩づつ歩いてきました。這いつくばって踏みにじられても、しがみついて泣きながら何とかお金を貯めて、今に至ります。理解の無い家族や会社と何度も衝突しました。解雇されたこともあります。だけど、治療費用は全て自分で稼いだお金です。性同一性障害の理解を広げる活動をしていますが、家族に依存している当事者が確かに多いです。家族の方々も相談に来ますが、「性同一性障害だから働けないならば、いずれ親御さんが先に亡くなられたら、その後でどうやって生きて行くつもりか、本人とよくよく話し合って下さい。」と言う結論に達する事がよくあります。このままでは、家族崩壊の危機的状況だと思います。だからこそ、弟さんにはぜひ、手に職を付けて欲しいのです。なぜなら、今甘えていられる時間より、この先女性として生きる時間の方が何倍も長いからです。今や女性として生きる為に取る資格は、いっぱいあります。看護師さん、美容師さんをはじめ、男性にしかやれないと言われていた建築設計士さんや大型トラックの運転手ですら、今は女性が活躍しています。介護の仕事ならば、男女の区別すら無いと言えるでしょう。お姉さんは、以上の事を、納得するまで弟さんに諭してあげて下さい。元々、姉だからとガマンを強いられてきたのは、よくよく解ります。なので、御両親にも、「弟さんを今自立させないと、取り返しの付かない事になる」と、話してあげて下さい。親御さんの「子離れ」と、「お姉さんに対する依存」からも、脱却する事が必要だと思います。親御さんが「今出ていかれたら困る」と言うならば、「そんな状況を作ってしまった」御両親にこそ、本当の責任があるのです。ちなみに、診断書があるからと言っても状況は変わらないと思います。診断書は魔法の紙ではありません。また、弟さんの言う理想の職場など、どこにもありません。あるのは、根強い差別と、偏見に満ちた面接官や上司からのパワハラ?セクハラです。それに耐え抜く強さがなければ、性別移行など夢でしかありません。難しい問題ですが、自分の弟だったとしたら「ニューハーフヘルスかゲイバーやれよ」って言いますね。人様の弟に風俗やれよとは言えないので、あくまで自分の弟だとしたら、ですが…。男性として働くのが嫌だというのは、まぁ理解できないでもないです。では、治療中の方が男性以外の性として受け入れてもらえる場所はどこかというと、やはり夜の世界になってしまうと思います。夜の仕事を美化するつもりはありませんが、マイノリティのコミュニティや文化が出来上がっている世界ではあるので、たくさんの先輩方がいらっしゃるはずです。これからMtFとして生きていく上での生活や恋愛のことなどを理解するには、実際にそういう世界に身を置いてみるのが一番早いんじゃないかなと考えます。また、元男性が女性として生きていく中で、やはりこの先偏見や辛いことも多いと思います。元男性とわかった上で来店してくださるお客様との関わりを通じて、女性としての態度や振る舞い方、あとはゲスな話ですが夜のお作法も身につけておいたほうがよろしいんじゃないですかね。まぁ、わたしだったら、貯金があるなら親も弟も捨てて家を出ます。家計が破綻するのは弟さんを叱らずお金を出している親の自業自得なので、知らんわって感じです。うん、働くべき。五体満足な成人が働かないで良い理由なんてない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です