生物のページ 大腸菌にヒトインスリンを作らせることが可能。遺伝子組み換えで大腸菌に作らせた人インスリンが、そのままヒトに使えるのは、インスリンが活性を持つためには、翻訳後修飾、特に糖鎖の付加が不要なためと思われます。大腸菌にヒトインスリンを作らせることが可能な理由はなんですか バイオ技術で薬を造る。年には組換え医薬品第号として。米国ジェネンテック社の研究者が世界で
最初に大腸菌で生産させたヒト型インスリンが登場します。 しかし。日本で
初めて承認された組換えインスリンは。ジェネンテック社とは異なる方法で生産
された遺伝子工学の技術。組み換え体を取り込ませ増やすためには。大腸菌。酵母などの宿主細胞が必要で
ある。 組み換え体その塩基配列を決定することによって。遺伝子の構造や
遺伝子の制御の仕組みを知ることが可能となった。ヒトのタンパク質を微生物
で作らせる場合。目的の遺伝子をリボソーム結合部位配列の後に組み込む
必要がある。マルチクローニング部位。 種々の制限酵素で切断可能な配列例

高校生物「医薬品の製造」。インスリンとは。膵臓でつくられるホルモンの一種で。血糖量を調節する重要な
役割を担っています。 そのため。糖尿病などの治療において。薬剤として広く
利用されています。 大腸菌が排出したインスリンから医薬品を製造遺伝子組換え。例えば。大腸菌が持つプラスミド自立的に増殖する小型の環状に。ヒト
のインスリン生産に関する遺伝子を組み込み。この大腸菌を培養することで
インスリンを大量に生産させることができる。この技術にはの特定部位を
切断生物のページ。戻る 細胞への導入の例大腸菌にヒトのインスリンを生産させる場合プラスミドと
ヒトのインスリン遺伝子を含むを同じ制限酵素で切断して混合し。
リガーゼを作用させると。ヒトインスリン遺伝子を含むプラスミドができる。
このプラスミドを大腸菌に図にすると… ヒトのインスリンを大腸菌につくら
せる方法

遺伝子組み換えで大腸菌に作らせた人インスリンが、そのままヒトに使えるのは、インスリンが活性を持つためには、翻訳後修飾、特に糖鎖の付加が不要なためと思われます。細胞にヒトの遺伝子を導入、ヒトの蛋白を作らせたとしても、それがそのままで活性を持つとは限りません。遺伝子が翻訳され、アミノ酸がつなげられて蛋白ができますが、その後さまざまな修飾が加わって、完成品の蛋白になります。これを翻訳後修飾と言い、いろいろなものがありますが、重要なものとして糖鎖の付加があります。蛋白にさらに糖鎖を付加できるのは、真核動物の細胞だけです。大腸菌を含む細菌類は、原核生物であり、この細胞は糖鎖を付加することはできません。インスリンは蛋白としてできた後に、特に糖鎖を付加されなくても活性があるので、そのまま使えます。一方造血因子の一つであるエリスロポエチンは、蛋白にさらに糖鎖が付加されることで初めて、造血因子として働くようになります。ですからエリスロポエチンの遺伝子を大腸菌に導入して、蛋白としてつくらせても、役に立ちません。このような場合は、大腸菌ではなく、CHO細胞チャイニーズハムスター卵巣細胞にヒトのエリスロポエチン遺伝子を組み込むことで、きちんと翻訳後修飾を受けた完成品の蛋白を作らせる、といった手法がとられています。簡単に言えば、「同じDNA配置からは生物種を問わず同じタンパク質が合成されるから」でしょうね。厳密には違う部分もありますので、工夫はしているんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です