痔だと思っていたら 私の父はがんの治療中です大腸がんが分。お父様のご体調大変ご心配なことと思います。私の父は、がんの治療中です
大腸がんが分かり、手術でがんを取り、抗がん剤をして経過は良かったのですが、先月の検査で肝臓の転移を言われてしまいました 今、抗がん剤の種類を変えて治療しているのですが、この抗がん剤がかなり強く、副作用がひどいのです
貧血が酷くて、体力がガクンと落ちてしまって、何をするにも体が重い、ダルイ、きついと言います 食べる量も減ってしまい、今は喉の通りが良いからと麺類を少し食べる程度です このままだと抗がん剤の治療をしていく事より、体が持たないのでは、と心配です

抗がん剤をしている時に、副作用が出にくくなるような、体に良い物を父に準備をしようと思います 同じような経験をされた方で効果があった物などお聞かせ下さい ポテンザ。年月に夫に大腸癌ステージ が発覚しました。主治医の人柄は良いん
ですが。後で早く手を打っておけば良かったと後悔したくないので手術が困難な
場所であれば。患部によっては重あと半年ぐらい抗がん剤治療を受けることに
なるのか。手術が受けられるようになるのか。分からないことのなかで。
なかなか

「先生。別の病院で大腸がんと診断された代の患者さんが来院した。手術の必要性と抗
が陸奥みちのくの短い夏ですが。夏休みを取り忘れていたのでそろそろ
取らねば。と思っているところです。 さて。今回はある患者さんに言われた
ひとことから。「がん治療は何歳の方までやるのか」というテーマを考えたいと
思います。ちょうど読者の手術が必要です。もしリンパ節に転移があった場合
は。手術の後にがんの再発予防のために抗がん剤をやることもあります」35歳。病気が見つかる年くらい前からたまに血便があったのですが。痔もあったので
肛門科の病院にかかるだけで。この年齢でさらに詳しい検査の結果。かなり
進行したがんであることがわかり。手術をした後。強い抗がん剤治療を受ける
ことになりクローゼットのなかでハンガーにかけられているスーツ点と。
ネクタイの

大腸がん先輩患者からのアドバイス。また。私は。自営業のため。入院中も極力仕事を続けたいという思いがあり。
自宅に近いことを第一条件として病院を決めました。 がんの診断を受けた方は。
国立がんセンターで治療を受けたいと考える方が多いですよね。身近な人ががんになったとき:[国立がん研究センター。あなたの身近にも。がんという病気を抱えている人がいることは自然なことです
。 あなたは。友人や知人など身近な人が。がんと診断されたことや治療中である
ことを知ったときに。「がんとはどのがん専門の相談員として研修を受けた
スタッフが対応し。専門的な情報もわかりやすく解説しています。痔だと思っていたら。大腸がんと診断された患者さんが。前向きに向き合えるようになったきっかけと
は?ポリープを取ったときに。「定期的に検査を受けたほうがいいですよ」と
は言われていましたが。元気だったので。特に検査を手術後の診断では。がん
はステージⅣではなく。ステージⅢだとわかりました。手術でがんを取っ
たら。それで治療は終わりだと思っていたのではないでしょうか?

大島。その後の手術で大腸のがんは取り除きましたが。転移したがんが今も体に残って
おり。現在は点滴と飲み薬によるプロ野球解説者である私は。仕事柄よく
しゃべる男だと思われがちですが。基本的には“無口な大島”。私の父親は歳
で亡くなりました。また。私が思っていた以上に家族がショックを受け。皆が
不安を感じていることが分かりました。その後は。転移部分のがんに対する抗
がん剤治療を行うことになりましたが。アスリートの性か。副作用を不がんの治療を行わない傾向は高齢期へと向かうにつれて顕著に。標準医療をどのように受けていくかは医療リテラシーが問われる問題です。
たとえばステージの大腸がんであっても。歳以下の場合は9割以上が手術や内
視鏡。抗がん剤の組み合わせで治療が施され。治療が行抗がん剤は。後期高齢
者以上の患者さんにとって苦しさを伴う上に。生存率にあまり差がでないという
ことがわかりました。高齢期がん治療の方針を策定する必要性は高く。国立が
ん研究センターの調査や厚生労働省のガイドラインが待たれます。

大腸がん。また大腸がん 最新標準治療とセカンドオピニオンー大腸がん神経内分泌腫瘍
カルチノイド医師が判断に迷うケースを紹介!本書は「大腸癌治療
ガイドライン年版」に準拠した。まさに最新の標準治療にもとづいて。治療
方法をわかりやすく解説したものです。取材でわかったのですが。私自身の
ケースは。手術するか経過観察か。医師の間でも真っ二つに意見が分かれるよう
な症例でした。

お父様のご体調大変ご心配なことと思います。私の姉も乳がんから肺に転移をして抗がん剤をしていました。姉の場合は抗がん剤が始まってすぐに副作用で吐き気が起こり貧血により体の倦怠感が起こっていました。知人の医療関係者の方に漢方が抗がん剤の副作用にいいと教えてもらったので、漢方薬局を紹介してもらい専門の先生に色々と教えてもらいました。抗がん剤は肝臓や胃、大腸、骨髄に大きな負担をかけることや抗がん剤は正常細胞を傷つけてしまうことで姉のように吐き気や貧血、倦怠感が起こることがあると言われました。その他にも姉には起こってませんが手足のしびれが起こる方もいるそうです。姉の事を伝えて漢方薬を購入して飲み始めた所、今までは吐き気が酷く食べることが難しかったのですが、少しずつですが吐き気が起こらなくなってきて食べれるようになりました。食事が食べれるようになったことで顔色も良くなり貧血の数値も良くなってきました。また、抗がん剤をした後は倦怠感が多少は起こるようですが、今までに比べ倦怠感も2,3日でなくなり体調が良くなりました。また、薬ばかりに頼るばかりでなく、食べることも体力を維持するために必要だと思い食事についても調べ始めました。特に食べやすいものや好きなものを食べるということが重要だと知り食事もそのようにして始めました。姉は現在も抗がん剤治療中ですが、食事の見直しや漢方をすることで今では元気に過ごしています。質問者様のお父様の副作用に対して少しでもご参考になればと思います。お大事にされてください。ガンを早期に発見できれば切除する事でほとんどが治りますか、残念ながら発見が遅れ、手術は出来ない為、転移もあるので抗がん剤治療を選択しています本来、抗がん剤はガンを治すものではありませんが、最近は抗がん剤や放射線療法との併用などで良くなる例も増えて来ています病状を主治医と相談しながら、進めて下さい苦しい時期も有りますが、乗り超えてお父さんと笑って食事出来るように祈っていますお父さんが好きなものから、食べられるものを探して差し上げて下さい家族の力が一番ですそんな気持ちを逆なでるような回答があり残念です抗がん剤治療は説明を聞いて同意の元に開始しているはずです抗がん剤はガンを治すものでは無い事は理解されているはずですそれを殆ど無い知識でどの回答にもひはんし、売れれば良いだけの本を持ち出して人として心無い回答を続ける整体師です自分の能力では出来ない医師が行う行為は全て批判していますこんな回答は通運すべきです気の毒なくらい、無知なのに書く事は批判だけなので害を受ける人も多く、私もこの無知者を追って回答しています不愉快な面もあると思いますがお許し下さい抗がん剤に完治はありません副作用で苦しんでみな無くなってるのですその抗がん剤を止めることが食欲が出る一歩です宗像久男医師「ガンは3か月で治せる病気 ブドウ糖はガンのエサだった」参考にしてお父さんに無駄な苦しみを強いることのないように考えましょうまぁ、こればっかりは…とにかく、食べられるものを探すしかないです。今は、美味しいと思うことが栄養です。「健康にいい食べ物」だのなんだのは二の次です。抗癌剤の種類によって、色々な理由で食べ物が食べられなくなります。?口内炎で痛い →刺激を少なく。固いもの揚げ物の衣などは避ける?冷たいものがしびれる →食べものは冷やさず、熱すぎず?味覚がおかしくなる →出汁を多めに取ったり、トマトケチャップなどを少量入れて味をくっきりさせる?吐き気など →吐き気止めを処方してもらうなどですが、とにかく、色々食べてみて食べられそうなものを見つけることです。今、麺が食べられているなら、ビーフンや春雨に変えてみる、スパゲティにしてみるなど、ちょっとづつバリエーションを増やすくらいです。薬局に行くと、栄養補助飲料を売っています。少量で高カロリーという、昨今の健康ブームとは全く逆の路線を行く商品ですが、基本の食事にこういったものを追加してみることもできます。無理せず、とにかく食べられるものを探してみてください。がんに対する治療法には大きく分けて外科的切除?化学療法?放射線治療の3つがあります。粒子線治療は放射線治療の仲間に含まれます。病気の性質や進行期によって3つの内から1つ、もしくは組み合わせでもっとも適した治療法が選ばれます。 血液のがんなど、特殊ながんを除けば、一般的に外科的切除と放射線治療のみが単独でがんを完治することができます。放射線治療も手術と同じからだの一部分に対する治療局所療法です。完治を目的とした局所療法を行なう場合には遠隔転移がなく、病巣が治療を行う範囲におさまっている必要があります。病巣が小さい場合には外科的切除も優れた治療法です。しかしながら切除する範囲が広い場合、手術を行うことは身体への負担が大きく、痛みや術後の機能障害が生じる場合があります。 病気の性質や進行期にもよりますが、放射線治療により、より身体への負担を小さくし、臓器の機能を温存した治療ができる場合があります。 しかしながら、からだの中でがん病巣が大きく広がっている場合、多数の遠隔転移がみられる場合には手術や放射線治療は有効性が低く、全身に対する治療である化学療法が適した治療となります。その場合でも痛みなど、転移による症状が強い場合には症状を緩和する目的で放射線治療が行われる場合があります。また、遠隔転移の数が少なく、もとの病巣原発巣が治療されている場合には治癒を目的とした手術や放射線治療が行われることもあります。放射線について放射線とは何か 病院で一般的に放射線というとX線のことを指します。病院ではX線がからだの中で吸収されながら突き抜ける性質を使って病気の診断や放射線治療を行います。X線は目に見えず、からだで感じることもできませんが、可視光線や紫外線と同じ、光の一種です。これらは電磁波と呼ばれますが、持っているエネルギーの違い波長によってその性質や人体に及ぼす影響は大きく異なります。粒子線は光と異なり、原子を構成する原子核の流れです。詳しくは“粒子線とは”をご参照ください。 放射線という言葉に対して何か恐ろしい感じをもっておられる方も少なからずいらっしゃることかと思いますが、通常、医学的に利用される放射線の量は身体全体には大きな影響を及ぼさない量です。放射線治療の場合、患者さんの体の一部分に高エネルギーの放射線を照射します。治療効果も副作用も放射線が照射された範囲に限られており、そのがん細胞や正常組織に及ぼす影響は経験的によく知られています。通常、体が耐えられる限界以上に放射線治療が行なわれることはありません。放射線の作用 病院で用いられる放射線は体内を通ると電離という作用を起こすため、電離放射線と呼ばれます。放射線治療の治療効果は主に、イオン化とも呼ばれるこの電離作用によって起こります。放射線治療の場合、高エネルギーの放射線がからだを構成する原子にぶつかると、原子がそのエネルギーを吸収することによって電子を放出して荷電し、周りのいろいろな分子と反応する性質の強いイオンになります。このイオンが瞬間的にがん細胞の遺伝子DNA鎖に作用し、切断することによって、がん細胞の分裂を止め、結果としてがんを治すことができます。 このほか、放射線自体にもがん細胞の遺伝子を直接切断する作用があります。従来の放射線治療で用いられるX線の場合ではこの作用は弱いですが、粒子線の場合にはこの遺伝子を直接切断する作用が強いと言われています。放射線治療について放射線の原理 がん病巣に確実に放射線を照射するためには、呼吸など体の動きによる誤差を考えて実際のがん病巣の大きさよりも広い範囲に照射する必要があります。また、からだの奥に病巣がある場合、通り道になる正常組織にも放射線が照射されることは避けられません。 放射線による電離作用は照射された範囲にある正常組織にも起こります。正常組織を構成する細胞の遺伝子にも切断は起こりますが、正常なからだの細胞は一般にがん細胞よりも遺伝子のダメージを修復する働きが強いです。ある量の放射線を病巣部に向けて照射した場合、がん細胞は放射線によって受けた遺伝子のダメージを次の日までに治すことができません。それに対してまわりの正常な細胞は一回の放射線治療によるダメージを次の日までにだいたい直すことができます。 まわりの正常な細胞が耐えられるような量の放射線を何回にも分けて毎日照射することにより、がん細胞だけを治してゆき、まわりの正常な細胞は残すことができます。このように放射線治療のしくみとは、放射線によってがん細胞が受けるダメージと、正常な細胞が受けるダメージの違いを利用したものです。何回にも分けることで全体の放射線の量を多くすることができ,がんを完全に治すこともできます。放射線の副作用 正常組織には少量の放射線であれば障害は残りませんが、高い線量の放射線が照射されると少しずつ正常な細胞にもダメージが蓄積してゆきます.これが放射線による副作用に相当します。正常な細胞の中にも大きなダメージを受け、働きを失う細胞も出てきますが、一般にはそのような細胞の数は少ないですのでまわりの細胞が分裂することによって補われ、臓器としての機能は保たれることが多いです。 副作用の症状は一般に治療後半から終わりごろに強くなることが多いですが、どのような症状が起こるかは、放射線治療の場所や範囲、放射線の量や照射方法によって様々です。 放射線による副作用には大きく分けて、治療中もしくは終了直後に起きるものと時間が経ってから起きるものの2つがあります。いずれも個人差は少なく、放射線治療の計画を立てた段階で起きることが予想できることが多いですので,専門的には副作用とは呼ばず、急性反応?晩期反応という呼び方をします障害と呼ばれることもあります。 治療中に問題となる副作用は急性反応と呼ばれますが、その症状は皮膚であれば日焼けや軽いやけどに例えられます。多くの場合一過性で後遺症として残るものは少ないです。放射線治療を受ける前には予想される急性反応?晩期反応について十分な説明を受け、理解した上で同意していただく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です