競争に疲弊 10月7日の朝日新聞で競争に疲弊 細る研究力。実感としては、少なくなっている感じがします。10月7日の朝日新聞で、「競争に疲弊 細る研究力」「研究室の電気代 運営費交付金では不足」「資金獲得のため書類作り 減る研究時間」という特集記事が載っていて、大学の理系の研究者の人が、研究時間が、 02年には年間1300時間だったのが13年には900時間ぐらいしか確保出来ていない、というのが問題として取り上げられていたのですが、これは実験系の研究室のみの現象なのでしょうか 理論系や文系分野でも同じように研究時間が少なくなっているのでしょうか 海技研ニュース。参考2プロジェクト発足の背景 我が国海事産業の国際競争力の根幹である総合
的な技術力。特にその核となる革新的な研究開発を今まで以上に進める必要性が
あります。一方。海上輸送の安全性の向上。地球環境負荷の低減に向けて。世界

10月7日の朝日新聞で競争に疲弊。競争に疲弊。京都大の本庶佑ほんじょたすく特別教授のノーベル賞受賞が決まり。日本の
科学史に新たなページが加わった。しかし。明るい話題の一方で。学術論文を
生み出す日本の「研究力」は近年。著しく低下しつつあるとの…

実感としては、少なくなっている感じがします。事務作業が増えすぎています。研究者というよりは事務員や教員高校以下のに近付いています。同じです。雑用ばかりで 授業 研究に努力する時間がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です