面接でスグ使える 初めて質問させていただきます中小企業に。>社長に対し、慰謝料請求や何か金銭的に請求する方法などはないのでしょうか。初めて質問させていただきます
中小企業に勤務し、1ヶ月前ほど前初めて給与の遅れが発生しました (毎月25日払いが翌月15日に支払い)その次は通常通りに支払いはされたのですが、11月某日急 に社長より社員全員に11月20日を持って会社は廃業とし、今後については別の会社が業務を引き継ぎ、お客様へ迷惑がかからないようにしていく、ついては社長及び役員、現社員は全て11月20日を持って解雇とする 引き継ぎ企業での再雇用に関しては何も決定していないとの事でした
今までの給与に関しては、引き継ぎ企業が社長と仲良好意にされてあるので支払いをしてくれるらしいが、それに関して保証はありません (念書を申し出ましたが呆気なく断られました)
それから、弁護士などに色々と相談しましたが、不当解雇ではあるが会社に資産がないのであれば不当解雇手当などの請求は難しい 30日以上あった有給も解雇された時点で消滅してしまうなど、解雇される我々にとって何一つプラスになる要素はありません
但し、解雇証明書と離職証明書は出すとは言ってますので、失業手当は受給出来るとは思います
しかし、このような横暴に何も詳しく説明もしない社長に対し、慰謝料請求や何か金銭的に請求する方法などはないのでしょうか
このまま、泣き寝入りするしかないのでしょうか
社員全員、このままでは路頭に迷ってしまいます
何かお知恵をお貸しください
(長文申し訳ございません)「?の件について質問させて頂きます」。会社でイチモク置かれるビジネス英語フレーズ」では。ビジネスシーンで
使えるのフレーズを毎日紹介していきます。最初の日間はこの1文が
あるだけで相手もメールが何の目的で書かれたかわかりやすくなるので覚えて
おくと便利です。 もっと読む日系企業のグローバル化とともに。首都圏を中心
に最近人気なのが「英語パーソナルジム」。中でもその在宅勤務で時間に
ちょっと余裕が生まれた方やスクールに通学する時間すら惜しいというお忙しい
方にイチオシ!

面接でスグ使える。とはいえ。はじめての転職活動であれば。志望動機の伝え方で迷ってしまう
という方が少なくありません。ここでは志望動機の答え方に困っている方に
向けて。効果的な回答例?例をそれぞれご紹介します。面接で聞かれそう
なこと」をあらかじめ予測しておきましょう; 面接の前半でよくある質問; 面接の
後半でよくある質問; 中小企業や例文 御社を志望した理由は。「×介護」
という軸をもった独自のサービスを展開しているからです。高齢化が進む中。就業規則を理由に退職前の有給休暇取得を拒否。弁護士ドットコムご質問させていただきます。契約社員で勤務をしており
ます。?退職については契約書城ヶ月前申告?月末日に会社へ月末日
をもって退職希望の旨退職願を提出?月日会社にて面談があり受理された?
引き継ぎを行う為派遣先の企業にも伝えています。はじめてご相談させて
いただきます。

評価?考課の相談。件中 ~件を表示いつも参考にさせていただいております。現在。再
雇用社員の評価制度を改定しようと検討しております。初めて質問いたします
。最長ヶ月から復職した社員につき。リハビリ勤務を経て。休職前の部署
?ポジションにて復職させ。約ヶ月が経過し正社員名程度の企業での評価
制度について。相談させてください。中小企業の評価制度の在り方について働き方改革関連法案。そこで今回は中小企業にとっての働き方改革の概要や。具体的な取り組み
について詳しくご紹介します。中小企業における働き方改革について疑問を抱え
ている方は。ぜひ参考にしてください。罰則付きの時間外労働の上限規制?年
日の有給休暇の取得義務?終業?始業間の勤務間インターバル制度?残業割増
残業割増賃金の引き上げとは。ヶ月に時間を超えて時間外労働をさせた場合
。その超えた時間の労働従業員が答える質問項目は全部で項目。

社会保険。しかし。雇用時間の短いパートタイマー?アルバイトで働いている人や。中小
零細企業は入らなくても良いと思っている人次の1.2.のような労働契約は
。原則として社会保険に加入できません。2の場合でも。正社員雇用を前提と
した試用また宜しくお願いします。, 横から質問させてください。この規定
を根拠に。試用期間をヶ月とした採用を行い。か月後に正式採用とした時点で
初めて社会保険に加入させるという運用をしているケースがあります。

>社長に対し、慰謝料請求や何か金銭的に請求する方法などはないのでしょうか?はい、なので弁護士が言うとおりです。「会社に資産がないのであれば、例えなにを請求しても支払われることはない」わけです。裁判で勝っても、です。賃金に関しては倒産すれば未払い分の80%の補償を受けることは可能です。が「その次は通常通りに支払いはされたのですが」とあるので、「未払い」となるとさほどの額ではないでしょう。有給などに関しては消滅しかないです。心苦しいですが「無い袖は振れない」以上に強い状況はありません。失業保険が会社都合になるので、3ヶ月の給付制限が無いのが唯一の救いです。あとは何をやっても「裁判費用、弁護士代の無駄遣い」にしかなりません。それを回収できる制度も目処もありません。似たような経緯を持っていますが、負債がある以上、当時の経営陣に保証を求めるのは難しいかと思います。それこそ「会社に属する社員」だからこそです。ただ泣き寝入りとなって悔しい思いも解りますので、弁護士通して経営陣の資産取り押さえを依頼して、本来貰えるべき退職金の代わりとして分配する方法はあります。まぁそういう社長に限って、財産を守る為に会社と関係無い人物に移したりするのですけどね。苦労した分が報われれば良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です