韓国向け半導体素材3品目 韓国への半導体素材への輸出規制。大統領の弾劾かな。韓国への半導体素材への輸出規制(正確には優遇の廃止)が実際に始まれば
その後の韓国はどうなりますか

軟着陸も含めて未来を予測して下さい 大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて。本日月日より。大韓民国に関する輸出管理上のカテゴリーを見直すため。
外為法輸出貿易管理令別表第の国いわゆる「ホワイト国」から大韓民国を
削除するための政令改正について意見募集手続きを開始します。図解?行政韓国への輸出規制2019年7月:時事ドットコム。グラフィック?図解。 政府は。韓国向けの半導体など材料3品目の輸出規制を
厳格化する措置を発動した。韓国のスマートフォン産業などが打撃を受けるのは
必至で。元徴用工問題でこじれた日韓関係がさらに悪化することが

韓国向け半導体素材3品目。これまでは3品目に関する韓国への輸出手続きでは。簡略化する優遇措置が採用
されていた。 また。輸出管理上の国別カテゴリーにおいて。手続き簡素化の対象
となる「ホワイト国」である韓国を対象から外す半導体材料の対韓輸出を規制。ホワイト国は安全保障上日本が友好国と認める米国や英国など計27カ国あり。
韓国は平成16年に指定された。 輸出を規制する3品目は。いずれも軍事転用が
容易だが。これまで韓国には手続きの簡略化など優遇措置を誤解だらけの「韓国に対する輸出規制発動」:日経ビジネス電子版。「韓国に対する半導体材料の輸出規制」の問題が注目を浴びている。こう指摘
すると。経産省の代弁。もしくは擁護ととられるかもしれないが。それを恐れず
に。正確な理解の韓国向けの輸出について。年から特別に優遇して簡略
化していた手続きを。年までの普通の手続きに戻すものだ。

輸出規制が促した韓国の半導体素材?国産化?。日本政府が韓国に対し。輸出管理で優遇措置を与えていた「ホワイト国」
グループ指定から除外し。さらに半導体関連部材を包括輸出許可から個別の
許可に切り替えてから年が経った。これに対し韓国は強く反発し。韓国への半導体材料の輸出規制は当然だが。月日。経済産業省は「大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて」を発表
し。韓国向けのフッ化ポリイミド。レジスト。フッ化水素の輸出審査を厳格化
することなどを発表した。韓国サイドは。日本がこうした措置を

大統領の弾劾かな。本格的に争うならウェルカムだけどそんな度胸はないでしょう半導体や液晶の基本技術は日本から得たもの。つまりは、日本が開発し作成したレシピで製造している。材料、装置、加工方法、それに使用する薬剤、管理方法など。今回、その重要な一部が入手しにくくなった。さてどうするか。1.自前で開発する2.別の調達先を検討する。3.日本から技術を盗む。4.日本に泣きつく、だめなら自殺するって脅す、世界中に日本にいじめられたった大騒ぎする。5.アメリカとかに言いつけて、取り持ってもらう。3~5あたりかと思いますが。結局のところ、共和党幹部に泣きついて取り持ってもらい、裏取引でことを納め用とすると思います。落としどころは、基本条約が有効であることを再確認。賠償問題は存在しないことの確認。徴用工問題は韓国政府が責任を持って対応する。慰安婦合意は再度合意に向け進める。要するに、問題発生前の状態に戻すと言うことでしょうね。現在のアメリカを含む東アジア情勢は、中東と並び世界の火薬庫といってもいいほどです。それに対し、韓国はのんびりとしたお坊ちゃまの火遊び外交をしている。これは極めて危険です。日米も非常に懸念していると思います。中露などは、あきれているでしょう。日米中の共通した見解は、非核化と分断の固定化です。半島情勢が流動化するのを米中も好みません。もし、北の指導者がワシントン訪問でもしたら、ピョンヤンで政変が起きるかもしれませんね。軟着陸か分からないが、韓国の大法院の判決が間違いでしたと認めて、文大統領の命令でしたと言えば終わります...文は絶対認めない全ての製品が正式な輸出手続きが必要になりますが、北朝鮮や中国に密輸ができなくなります韓国の全ての産業が破綻します。農業も苗や種を日本に依存しているので冬の暖房も出来なくなります。食料が足りず凍死、餓死の死体で韓国が埋まります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です