Battlefield 戦車の侵攻は航空機からの攻撃のみ。アメリカ空軍と同じくらい、地上攻撃に数百機を一度に投入できるだけの戦力があれば阻止はできます。戦車の侵攻は航空機からの攻撃のみで阻止できますか
多数の戦車が侵攻してきたときに、制空権さえあれば固定翼機または回転翼機からの対地攻撃のみで戦車の侵攻を阻止できるのでしょうか 航空機と戦車。米軍パイロットは「 !」と叫んだ。 昭和
ラジオから玉音放送が流れた。 戦争は終わった。神風特別攻撃作戦の実施に
踏み切っ第3部。こうした陸上防衛力の存在は。侵略側に対して。たとえ洋上における戦闘で勝利
できても。なおかつその先に強靱な陸上のわが国に対する着上陸侵攻が行
われる場合。自衛隊は。まず海上自衛隊の艦艇等による攻撃。航空自衛隊の支援
戦闘機等対艦ミサイル等による射撃などにより。敵の地上部隊等をできる限り
洋上で撃破し。着上陸侵攻を阻止することに努める。また。敵の空挺攻撃やへ
リボン攻撃に対しては。陸?空各自衛隊の防空作戦等により。敵の降着前から
撃破を図る

ジャパンナレッジで閲覧できる『第一次世界大戦』。第二次世界大戦を引き起こした中心人物がヒトラーであるのに対して。第一次
世界大戦についてはこのような中心人物はまた。毒ガス。戦車。飛行機などの
新兵器が投入されたこともこの戦争の際だった特徴で。そのため戦死者の数も
それロシアが総動員をかけたのは。戦争が局地戦に終わらず。ドイツが
乗り出して大戦争に発展すると判断したからである。ところが。年に入っ
て。月に。ランスやソアソンの方面で。フランス軍がドイツ軍の要塞に対して
行った攻撃が石破氏:ゴジラを攻撃した戦車はどこから来たか:日経ビジネス。シン?ゴジラ」を観て「何故ゴジラの襲来に対して自衛隊に防衛出動が下令され
るのか。どうにも理解が出来ません」とその意味するところは。自衛隊は陸も
海も空も対外勢力からの攻撃を排除する能力は持っている。たしかに一機
億円でございますが。それは領空に入ってくる敵の航空機を排除する能力を
与えられているのでこの件の様に一旦既に契約が決まってしまっている輸送
業務を断念させるだけの力が組合にあるのならば。当時の契約阻止も出来た筈
です。

「Battlefield。では。正面から敵に接近戦を挑むことも。水陸両用車両で敵の側面を
突くこともできます。初代のまた敵航空機に対抗できる対空砲もあります。
船着場の前には塹壕があり。防衛チームはそこで攻撃側の侵攻を阻止できます。
ブレークスルーの第区画では攻撃側には戦車がありますが。防衛側には
ありません。本ゲームでの武器。装備。乗り物の個別の様式および型番。製造
者。派生型の描写は歴史的事実の表現のみを目的としており。いかなる商標権利
者との航空自衛隊:対艦攻撃を主務に日米共同開発された「F。日米で共同開発した-戦闘機は。-戦闘機をベースにしているが。その中身は
日本の独自技術が入った別物だという人もいる。ものだったが。高信頼性の
機体を基に改造開発することの合理性や信頼性などを推す意見もまた理解はでき
た。対艦攻撃とは海上の艦艇などに対する航空機による空からの攻勢を指す。
開発のみならず調達数を巡っても紆余曲折し。結果。単座型のA型が機。複
座型のB型が機。合計機敵艦艇の侵攻を阻止し制圧する。

大口径砲を搭載したWW2の飛行機5選。ミサイルがまだなかった第次世界大戦時。中長距離の前方目標に向けて攻撃する
ためには。もっぱら大砲が使われました。既存の機銃じゃ効果なし -や戦車
を屠るための大口径砲を航空機に大戦後半にはロケット弾が登場しますが。
一方で大型化。高性能化する飛行機にできるかぎりの大口径砲を積もうと。
駐車時ドアミラーをたたむべきなのか 電動格納ミラーができたワケ

アメリカ空軍と同じくらい、地上攻撃に数百機を一度に投入できるだけの戦力があれば阻止はできます。しかしそれ以外の空軍では難しいかもしれません。例えばたとえどんなに損害が大きくなろうと一両になろうとも進撃を続行する場合には戦車を一台残らず破壊しないといけませんので阻止は難しいですが、戦車部隊もそんな突撃は普通しません。進撃中に航空攻撃が激しくなり部隊の三割以上に損害が拡大すれば一般的に進撃を中止して防御態勢に移行します。例えば分散して森や市街地に隠れる。そのまま突撃して部隊が壊滅したら意味がありませんからね。これでも進撃は阻止できているでしょ?実戦でも戦車部隊は航空攻撃で阻止されています。イラク戦争の際、進撃するアメリカ軍を迎え撃つべくバグダット周辺にいたイラク軍機甲師団は南下を始めます。しかしそれを見逃さなかったアメリカ軍は1300機を投入し、イラク軍戦車1000両を撃破。イラク軍主力のメディナ機甲師団の場合、60%の戦車が空爆で破壊され進撃どころではなくなり、防御に転換せざるおえなくなりました。進撃してきたアメリカ軍戦車部隊と交戦する時には戦力の大半を空爆で破壊されまともに戦えない状態だったそうです。このように敵の空爆、特にアメリカ軍のような地上部隊を壊滅させる破壊力を持つ空爆が始まった時点で戦車部隊の指揮官なら無理に進撃せず、分散して森や市街地に隠れるのが最善でしょう。しかし、これはアメリカ軍のような数百機から数千機を投入にして地上部隊を根こそぎ破壊できるような空軍の場合です。他の空軍の場合は一度に投入できる攻撃機はせいぜい100機前後、実際に上空を飛ぶのは数十機くらい。そのくらいの攻撃ではとても数百台の戦車部隊を壊滅させるのは不可能ですので、その程度では阻止は難しいでしょう。このように空爆で戦車部隊を阻止できるかどうかは地上攻撃に投入できる航空機の数によって変わります。アメリカ軍なら十分阻止できますが、それ以外の国の空軍では投入できる航空機が少なく数百台の戦車部隊を阻止するのは難しいかも知れません。お互いの数、性能、気象、戦車は対空戦車といわれるものも含むのかこれらの情報が一切ない中では回答の使用がありません。多数ってどのくらい?地形により 携帯SAMの装備状況による特に 肩撃ち携帯SAMの進歩の結果 飛行機や ヘリは 低空をゆっくり飛んだら 携帯SAMに食われる 状況になっているそして携帯SAMの届かない高度5000mから望遠鏡で覗いて攻撃ってことは戦闘機側は「池袋の高層ビルの望遠鏡で 5kmはなれた 新宿のトラックを探す」ものすごい 狭い視野しか得られないだから1砂浜沿いに 望遠鏡で覗いて クラスターを落とすとか2高速道路沿いにスコープを覗いて 戦略機動する戦車や道路脇の 砲兵陣地にクラスターを落とす3峠道ぞいにスコープを覗いて クラスターを落とすというのは 航空機でもできるけど欧州や北海道の平原の 路外の畑の擬装した戦車は もちろん 路外に散開して 進撃する戦車さえ航空機にとって 苦手な相手だし森林の木の下の戦車なんて 航空機から見えないから枯葉剤を撒いたりしているわけで特に夜ではなおさらカメラは見えにくくなりスカッドTELと イラクで沢山走っている民間のタンクローリーの区別さえつかなかった————–だから 無人機の投入が急がれているけど米軍ですら 無人機の装備数と 戦術開発はまだまだ 初期配備程度でしょう————-だから「戦争になったら トヨタに大型の500馬力x4発無人機 量産してもらったほうが ぶっちゃけ有効」と思っていたら安倍はTPPに加入して 自動車工場は タイに移転して日本の潜在軍需工業力は 大幅ダウンのようですね————戦闘機は 「目の悪い 鷲」なんですよだから誤爆も沢山起きる———-まとめると 戦車側に 十分なSAMが配備されていたら地形によっては 戦車の夜間の侵攻は 戦闘機 ヘリでは 阻止できない可能性がある圧倒的劣勢でない限りは可能です。攻撃の優位性は装備次第、防御の優位性は極論すると「見つからない>当たらない>壊れない」です。航空戦力は「当たらない」、戦車は「壊れない」ですから、道理として航空戦力が優位です。仮に対空車両の支援がある場合でも、それだけでは苦しいでしょう。「見つからない」に当たる歩兵なら、地上戦力との共同が必要になります。対人戦では赤外線画像装置の威力は絶大ですが、どういうものかが分かっていれば対策は十分可能です。別に、戦力差さえあれば、どんな兵科だって単独で戦車隊の進行なんざ阻止できますよ、というのは置いといて???。破壊と混乱というのは、それこそ航空部隊の十八番ですから、そういうのは大得意!と言えるでしょう。ただ、航空攻撃には、そういう長所ばかりでは言えないものがあるんです。よく米兵なんかが言う悪口で、空軍は「金食い虫」というのがあります。これには、そのまま「コストが高い」というのがありますが、加えて、「おのれ等、相変わらずとんでもないことを」みたいな非難も含んでいます。例えば、陸軍が百人の敵部隊を掃討する場合には、最低、100発の弾丸のみでキレイに済ませることが出来ます。これを空軍に頼むと、敵地は月面なみにクレーターで覆われ、地面には首やら腕やらがごーろごろ、あれ、よく見るとスカーフ巻いた女の首まで?!ああそうか、通りかかりの現地民まで巻き込んだな、なんてことが普通に起きます。昔から「航空機による精密爆撃攻撃」なんて言いますが、これ、詳しい人ほど「フンっ」と鼻で笑う言葉なんです。たしかに、見事な、神技としか言いようのない攻撃も存在します、が、ある意味それは数倍する「誤爆」にまざってあるんです。イギリス空軍の有名なエリートモスキート部隊は、オスロの親衛隊本部を、玄関から次々爆弾を建物内に送り込むという、見事の一言に尽きる爆撃で、周囲には最小限度の損害で完全破壊しています。ところが、オランダでは同じ方法で間違って小学校を完全破壊してしまいました。第二次大戦の戦場で死亡した米軍最高階級者マクネアー中将は、前線視察中、友軍の爆撃に巻き込まれて死んでいます。スペイン戦争では、ナチスのコンドル軍団は、退却する共和派の部隊を爆撃で見事撃破!、ところがそこは「ゲルニカ」という町だった!20世紀最高の絵画と呼ばれるピカソの「ゲルニカ」は、ナチスの「蛮行」を記録したもの、と位置づけられています。ゆえに、「米航空部隊」「イギリス空軍」は「第二、第三ルフトバッフェドイツ空軍」と呼ばれて、「連合軍」から恐れられていました。アメリカ映画に時折出てくる、自己犠牲的ヒーローが、敵の総攻撃に多勢に無勢、包囲されて、最後の無線で、「ナパームを見舞ってくれ」「目印を示してくれ」「オレの上に、だ!」というのは、そういうこと言うやつが皆無の軍隊だからの願望なんですが、それ以前に「破壊力は大きいけれど不器用」という航空攻撃の実態を表しているのです。だからですねえ、皆さんがお書きのように、特に米軍みたいに、常に敵に数倍する航空戦力を保持してきた軍なら、「朝飯前」ですが、「今回は何が起こるやら?」という危な~い選択でもあります。湾岸戦争では、戦車部隊でも、夜間戦闘になったら、はるかに数が多い米軍戦車間での同士討ちになっちゃい、各車ライトを点けて、無灯の敵戦車をなぶり殺しにしたそうです。まあ、「大軍」ではよく聞く話ですが、航空部隊はそれ以前にやっちゃう常習犯として有名ですから、そういう攻撃は気楽に考えちゃ、ヤバいのです。無理だと思います。地形にもよりますが航空機で圧制は出来ますから阻止できると言っていいかもしれませんが。地上戦は最後は歩兵です。余裕だろうね。戦車だけだとしたら対空攻撃はほぼできないし。今の飛行機に12.7mmは結構当てないと効果ないと思うし第四次中東戦争ではイスラエルの戦車が二百両もエジプト陸軍のサガー対戦車ミサイルで撃破されました。しかし対空ミサイルで制空権が確保されたエジプト空軍はイスラエル戦車を破壊できませんでした。ですから、戦車の侵攻を阻止するには航空機だけでなく陸上から反撃出来る対戦車ミサイルの配置が欠かせないのです。地形や天候、双方の戦力などによって結果は異なる。河川などの障害のない平原で戦車が100倍いたら完全阻止は難しいでしょう。しかし、後方の輸送車両もやられるから進撃した戦車はみんな燃料切れで動けなくなります。それで勝利できたというのは無理でしょうね。相手も対空ミサイルや、対空戦闘車両を持ってきているって、発想にならないとね。攻撃ヘリ不要論が真面目に言われるようになっている。戦車不要論より現実味がある話。イラク戦争で、イラク軍のメディナ師団攻撃に向かった米陸軍のAH-64D 30機のうち、同師団の猛烈な対空攻撃を受けて1機が不時着。残る29機中28機が損傷するという大打撃を受けている。米海兵隊のAH-1Wも同様にかなりの損傷を出している。 あと、天候次第では航空機を飛ばせない。特にヘリからの攻撃には戦車は脆弱ですねヘリは高空からでも木陰からでも対戦車ミサイルを発射します従って戦車は「集団運用」がカギになります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です