H2Oの結合の種類は分子間力分子結晶どちらとも正しいで。まず、分子結晶は結合の種類ではありません。H2Oの結合の種類は分子間力、分子結晶どちらとも正しいですよね 第7章。しかし,化学の世界では,小さな分子でできている水の融点が0℃で,沸点が
100℃であることは,ある意味で異常なのですそれでは,電気陰性度から
はじめることにしましょう。2個の原子が共有結合して分子ができたとき,各
原子の電子を引きつける強さは同じでしょうか共有電子対がどちらかの原子に
偏っているとき,結合に極性があるといいます。たとえば,ヨウ素や
ナフタレンの結晶は,分子どうしがファンデルワールス力という弱い結合で
結びついてできていますの。の数 分子の極性の有無 化学 うりずん 粒子の結合[]共有結合っづき分子間力
同一元素からなる分子 _{} 共有結合 主な分 子の 共有結結合の種類
原子間の 対の結給 対の結合 対の結合 ○二酸化炭素 やメタン
などは無極性分子となる。 分子が極性を持つか否かは電気陰性度だけで
なく分子の形とも関係する。/ 子間力は非常。に弱い力であるが, 極性
分子間では弱いながらも くので。無極性分子の結晶よりは,融点·沸点なども なる

まず、分子結晶は結合の種類ではありません。分子間力によって分子が集まってできる結晶のことを指します。あなたはおそらく固体のH2Oの、分子間の結合のことを言っているのでしょうが、この文面だと水素や酸素の原子間の結合のことを指しているようにも取れます。今回は固体のH2Oの結合という前提で話を進めます。固体のH2Oの分子間の結合は、特に水素結合と呼ばれる極性の偏りによって起きる結合なので、水素結合、と言った方がいいと思います。分子間力には違いないのですが、ファンデルワールス力と区別するのが普通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です