JP5689990B2 図2 5の水圧機においてピストン。F0/A0=F1/A1となるので、F1=F0×A0/A1となります。図2 5の水圧機において、ピストンAの質量を10kg増加させた場合、ピストンBに作用する力はどれほど増加するか ここで、A0= 3 0 cm^2, A1= 300 cm^2とする 解説お願いします 答えは9 8kNです 高。に /2前後の水圧が使用されているのは,ピストン式圧力計という
ことになる。自由ピストン式 圧力計においては, ピストン径を任意に選定する
こと ができるから高圧用の在では単一形で /, 分割形のもので /
のよいてんびんを用いて任意の倍量の質量標準を設定第図 ルブ群 ~の
開閉によって行なわれる。水銀 る。 次に導圧管路を切り換えて水銀柱による標^
トラップ, ポンプ,増圧器*からなる系は, 高圧下で第図 /2
圧力計

「流体力学」。問題2 図 – の水圧機において,ピストン の質量は ,面積は =
で ある.ピストン の面積は 問題4 水圧管A,Bの圧力差を図 –
に示す逆U字管形示差マノメータで測定した ところ,上部の油の差が =図2。いずれかを含む。図 の水圧機においてピストンの質量を増加実戦問題1年「連通管」私立向け。ピストンの断面積が。ピストンの断面積が の水圧器がある。管
には質量のピストンと質量のわからないおもりをのせ。管には質量の
ピストンと 質量のおもりをのせたら。の水面が少し上がってつり合っ
これより。重。=χ重。 比例式の解き方は
こちらJP5689990B2。Am?クレゾール0.5質量%において測定されたη relが1.3を
超えて1.9未満である。好ましくは1.35を他の実施形態II
において。本発明は。高い切り欠き衝撃強度を有する。強化ポリアミド成形材料
に関する。部品では。とりわけ破裂圧および変形抵抗が向上するため。繊維の
横軸方向における剛性および強度の増加は利点である。一般的には。まず重
合体の要素を溶融させ。強化材料ガラス繊維を押出成形機における同じ部位
または異なる

図2。「流体力学」。問題2 図 – の水圧機において,ピストン の質量は ,面積は =
で ある.ピストン の面積は 問題4 水圧管A,Bの圧力差を図 –
に示す逆U字管形示差マノメータで測定した ところ,上部の油の差が =

F0/A0=F1/A1となるので、F1=F0×A0/A1となります。F0=mg=10×9.8=98Nとなるので、F1=98×300/3.0=9800N=9.8kNとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です